2009年10月19日

子供の目で見た世界

3年半前、当時小学3年生と5年生の子供を連れて家族4人で
世界一周の旅に行かれたご家族がいます。


引率者はお母さんの久米(栢野)美都子さん。
まさに“旅が人生・人生は旅!”を体現しているような方で、
結婚しても子供が生まれてもそのスタンスは変らず、子供を
連れてそれまでも色んな国に行かれているのですが・・・



久米さん:今回は世界一周だから、期間は1年間を予定してるんよ。

私:えーっ!face08子供の学校はどうするんですか???

久米さん:うん、一年間は休学させるつもり。
 幸い学校の校長先生が理解のある人で、了解してもらったとよ。



でも、学校を1年間休学させるには、かなりの覚悟がいったはず。
それでも世界一周に行くと決心したのには、それ相応の理由が
あったのです。

それは2005年に起きた福岡の玄海沖地震。
明日どころか、この直後にだって何があるか分からない。

“悔いのない人生を送ろう!”


そう決意して、今までは旅に感心の薄かった旦那様も賛同して
1年間の世界一周旅行に行くことが決まったそうです。


北米⇒南米⇒アフリカ大陸⇒中東⇒東南アジア


と、容赦ないコース
まさに世界一周!


旅って楽しいことばかりではなく、食事・治安・言葉・病気の
ことなど、旅が長期であればあるほど気になることも多々でて
くるんですよね。

正直、自分が旅に出ようと思ったら1ヶ月持つか持たないか
ってところface11


それでも旅にでる理由。


それは文化だったり価値観だったり人だったり、色んな
ものをひっくるめての“出会い”に尽きるのではないかと
思います。


その出会いによって今までの価値観がひっくり返されたり、
今ではよく言われている“日本の常識は世界の中では非常識”
ということも身に沁みて感じると思います。



そして、その世界一周を通して2人の子供達(たか君・ひか君)
の見た世界が一冊の本になり、またまたその本が韓国語訳され
韓国でも発売が決定したそうなicon67face08



日本語版はすでに持っていたのですが、韓国語を勉強している
友人がいるので、その友人にプレゼントしようと購入方法を
伺ったところ、日本では販売されていないとの事だったので、
手元にある貴重な一冊を譲っていただけることに!

ひえ~恐縮icon10
しかし・・・
ありがとうございますっっっ!!!





(左が日本語版・右の大きい方が韓国語版です!
 あげるのが惜しくなったりしてicon10icon10



旅先で感じたこと・楽しかったこと・怖かったこと。
子供ならではのイキイキとした表現に、その時々の光景が目に
浮かぶようです。
世界一周旅行の疑似体験をさせてもらってるって感じicon12


あ、そうそう!
この本、なんと“地方出版文化激励賞”という賞を受賞
したそうです!face08

10月24日(土)に米子にて授賞式があるそうですが、
この本もますます大きな世界へ羽ばたいて行きそうな予感ですicon20



お母さんである久米美都子さんの旅行ブログ(左のバー)に
本の注文方法が載っていますので、ぜひ除いてみてくださいicon100

http://kumemuga.blog60.fc2.com/


そんな久米さんと直接会ってお話しをされたいという方。

可能です( ̄▽ ̄)



久米さんは月に一度「旅の茶話会」という旅好きの人の会を
催していて、今月の日程はこのような感じになってます。

日時:10月28日(水)19時~
場所:BUAISO(舞鶴店)
   http://r.gnavi.co.jp/f170003/
会費:3,000円


時間は19時から始まり、旅の話をつまみに盛り上がりながら
テキトーな時間に解散という、誰でも参加しやすい会(飲み会
?)になってます。
もちろん遅れてきてもOK!


やはり久米さんのブログにメール又は連絡先が載っていますの
で、参加ご希望の方はそちらから参加の意向をお伝え下さい。


旅の語り合い・情報収集場としては、これ以上の強力な場は
ないと思いますicon67
なんといっても、旅行会社勤務の私が教えを乞いに行ってた
くらいなので・・・へへへ ( ̄▽ ̄;)>


書を捨て、旅にでよー!

まずは旅の茶話会へようこそ~♪


**************************


この本に刺激され、なんとなく冒険をしたくなって親戚の
子供達を連れて半径5キロ以内のドライブに行って参り
ました。



エライ近いところにあるというのに、今まで一度も足を
踏み入れた事のなかった『西郷隆盛公園』から。
高台にあるので、景色むっちゃ気持ちえ~。






仲の良い子供達。
1人は遊び(走り?)疲れてバテたようですicon15


自分自身が幼い頃にたくさんの思い出をもらったように、
私もささやかながらそんな思い出を作ってあげられたら
よいなぁicon97


本を手に、何となくそんな事を思うのでしたicon91  


Posted by トミヤムクン at 18:16Comments(16)世界一周

2009年09月30日

世界一周写真展 IN 能古島

今回は徳之島(とくのしま)ではなく、能古島(のこのしま)
情報です( ̄▽ ̄)v



世界一周と聞くと、とてつもない夢のような話だと感じる
人も少なくないと思います。


が、世界一周航空券というのものがこの世には存在していて
その航空券を使って世界一周に行かれた方が、私が航空
券を手配しただけでも約20名様ほどいらっしゃいます。

てことは、わりかしそんなに夢のような話ではないんです
よねicon97



その航空券を使って世界一周に挑まれたUさんですが、帰国
後、約1年半を経て写真展を開くことになったようですicon67



『世界一周写真展 ~島猫は行く~』


期日:2009年10月3日(土)~11月15日(日)

会場:福岡・博多湾に浮かぶ能古島“いろり村”にて
 住所:福岡県福岡市西区能古1605-22
 電話:092-881-3837
 ※行き方についてはこちらをご覧下さい。
 http://ameblo.jp/shimaneko/day-20090927.html

旅人ブログ:http://ameblo.jp/shimaneko/


旅にでると、ワクワクウキウキするだけではなく、
その場に行かなければ味わうことの出来ない風情
というものが確かにあると思います。

それはある種の物悲しさだったり、懐かしさだっ
たり、切なさだったり、Uさんの撮る写真はそん
な色んな思いがにじみ出ている写真だと思います。
また文章がいいんですよねぇぇぇ。。。


2007年4月~2008年4月のブログは
実際に世界一周先から更新されているので、
世界一周をご予定されている方や、興味のある
方は一度ご覧になってみてください(^^)





(写真展のチラシです)




そんなUさんが辿ってきた旅の軌跡はコチラicon67icon100


★アジア 
タイ→カンボジア→ベトナム→タイ→インド→ネパール→インド
→一時帰国→インド

★ヨーロッパ①
イギリス

★アフリカ・中東
エジプト→ヨルダン→イスラエル→ヨルダン→シリア→トルコ

★ヨーロッパ②
ギリシャ→イタリア→バチカン市国→イタリア→フィンランド
→ドイツ→ポーランド→チェコ→オーストリア→ドイツ→ベル
ギー→フランス→スペイン→ポルトガル→スペイン

★南米
アルゼンチン→ボリビア→チリ→ペルー

★北中米
メキシコ→アメリカ


飛行機だけでは組めないルートは、バスや列車を使って移動
したりと、色んな工夫を凝らしながら広範囲に行かれている
のが分かります(ちなみに期間は約1年間)

世界一周に行くにあたっては、通常の旅の何十倍もの情報
収集や下準備が必要になってきますが、それでもそこで
体験した事、感じた事はなにものにも変えがたいものだと
思います。


世界一周に興味のある方もない方も、ぜひ行って見ていただ
きたいですねface02



今回の展示場となる能古島にある“いろり村”は、Uさんの
お父様が個人の敷地内で作ったという手作りの村icon67face08
広い敷地内には葡萄畑や釜戸焼き、ウサギ小屋等の他に、
なんと屋外のステージも設置されています!
ここでは自然の中で芸術品を展示したりと、様々のイベ
ントも行われているようです。



Uさんからのお誘いで、会社のみんなと一度だけ訪れた
ことがありますが、ここは本当に癒されますよ~・・icon125
海の向こうに大都会を見渡すことができますが、ここは
時間がゆったりと流れているのを体中で感じます。


写真展はもちろんですが、この“いろり村”自体にも
ぜひ訪れてみてほしいですね~
ここで見る写真はまたいっそう旅情をかきたてるかも
しれませんicon12




(いろり村の入り口です)  


Posted by トミヤムクン at 12:28Comments(2)世界一周

2007年06月30日

世界一周へ!

今回は7/5にご出発される、Mさんの世界一周航空券の
ルートと料金のご案内!

これだけ多くの都市を訪れ、おまけにニューカレドニア(ヌーメア)を
含んでこの料金は、やはり最強の航空券と言わざるをえませんね。

私は自分の人生を振り返る時、一人っきりでこんな旅行をしてみたいと
ひそかに思っております。(フフフ・・・・)

●ワンワールド世界一周=4大陸周遊=

JL便(関空-デンパサール)3472マイル
CX便(デンパサール―香港)*乗り継ぎ 2148マイル
CX便(香港-バンコク)1049マイル
BA便(バンコク-ロンドン)5928マイル
BA便(ロンドン-アテネ)1500マイル
IB便(アテネ-マドリッド)1478マイル
IB便(マドリッド―ローマ)836マイル
 ローマ~パリへは陸路移動 
AA便(パリ-ニューヨーク)3634マイル
AA便(ニューヨーク-ニューオリンズ)1171マイル
AA便(ニューオリンズ-マイアミ)669マイル
AA便(マイアミ-ラスベガス)2172マイル
AA便(ラスベガス-ロサンゼルス)232マイル
QF便(ロサンゼルス-シドニー)*乗り継ぎ 7509マイル
QF便(シドニー-ヌーメア)1241マイル
QF便(ヌーメア-シドニー)1241マイル
QF便(シドニー―エアーズロック)1331マイル
QF便(エアーズロック-ケアンズ)1113マイル
QF便(ケアンズ-成田空港)3624マイル

=航空会社コード(ワンワールド系列)=
JL・・・日本航空
CX・・・キャセイ航空
BA・・・ブリティッシュエアウェイズ
IB・・・イベリア航空
AA・・・アメリカン航空
QF・・・カンタス航空

=運賃=
ワンワールド世界一周航空券(4大陸)
369,600円+諸税約100,000円~110,000円前後


世界を一周するとだけあって、かなりのマイルがたまります!
このたまったマイルを使って、アジア圏内への無料航空券を
GETする事も夢ではありませんよっ!

詳しいお問い合わせはこちらまで!icon100

~~~~~~~~~~~~~~~
株式会社 サミット福岡
富山 和美(トミヤマ カズミ)
住所:〒810-0041
福岡市中央区大名2-4-38-1106
電話:092-739-7213(ナツイ~サ~)
FAX:092-739-7217(ナツイ~ナ~)
email:tommy@summit-fuk.com
~~~~~~~~~~~~~~~

6月は私にとっての徳之島月間でした。
23日(土)・24日(日)に筑後で行われた徳之島闘牛大会、
一昨日からスピリチュアル旅行(?)の途中、福岡に立ち寄って
くれた徳之島の友人が来週月曜日まで我が家に滞在するなど、
久々に島の雰囲気を味わっています。

今回の闘牛大会をきっかけに、大阪在住の徳之島出身のT木さんや、
徳之島出身ではないけれど、徳之島の闘牛に魅せられたという
京都のS田さん、大阪のS本さん等、色んな方と知り合うことができました。

今回はT木さんの所有する『東和技研号』が初めての闘牛に挑むと
いうことで、意気揚々と応援に出かけましたが、結果は一勝一敗。
T木さんもかなり落ち込んでおられ『徳之島で活躍をしてくれる事を
祈る』とおっしゃっておられました。

そんなT木さんの気持ちも知らず、試合後に『でも、いい試合
でしたよね・・』と言ってしまい、ちょっと反省。
闘牛主としては、やっぱりショックですよね。
すいませんでした!T木さん  m(_ _)m
しかし、東和技研号と応援団のパフォーマンス、異常に
かっこよかったです。
やっぱり島の応援団はすごいっ!


(東和技研号と、レポーターからマイクを向けられたT木さん)

空港で皆さんをお見送りした後は、ちょっとしたホームシックに
かかってしまいました(^^;)

が、、、

その気持ちも引きずる余裕もなく、徳之島で民宿を営む友人R香が
旅の途中、福岡へ立ち寄ってくれたので、一日目は軽く飲み、その後
カラオケへ。

久々に二人で行くカラオケだったので、昔よく歌っていた懐かしの
持ち歌で盛り上がっていたところ、
『僕、かっこいいでしょ~っっ!』
と乗り込んできたサラリーマンに、ノリノリだった二人のテンションが
一気に引いてしまいました。
(だっ、、誰、コイツ!?)

興醒めの私達の視線をよそに、なかなか部屋からでようとしない
サラリーマン。今まで歌っていた歌を続けていいものかどうか、
迷っている私の友人。
ちょっとイタイ雰囲気が漂う中、やっとサラリーマンが姿を
消してくれました。

まぁ、そんなこんなで1日目が終わり、翌日はおとなしくしていれば
きれいなんだけど、酒が入るとオヤジ魂炸裂のN譲と3人で、
大名のアジアンレストラン『ジャミン・カー』へ。
なぜ、アジアンレストランかというと、徳之島では食べられないものを
本土でチャレンジしたいからだそうですicon09

ここもかなり久々に行きましたが、も~、でてくるものでてくるもの
全てがおいしくて、感ッ激!(T▽T)
香草好きにはたまりません(ジュルッ)

そんな中、N嬢が生春巻きに包まれたキュウリを取り出すのを見て、
友人R香が不思議そうに見ていました。
その視線に気づいたN嬢が、その理由を友人に語ってくれました。

福岡は今、山笠の季節であるということ。
キュウリを切った断面が、櫛田神社の神紋に似ていることから、
山笠の間はキュウリを食べてはいけないこと。などなど・・・。

しかし、そんなの女の私達にはしったこっちゃなく、実はN嬢、
キュウリが大っ嫌いなだけなんですけどね(^^;)

たいがいの物を食べれると自負している私ですが、こんな私でも
どうしても食べられなかったものが、たった一つだけあります。

それは、タイのプーケットで初めて口にしたドリアンです。

どんな味だったかすでに忘却の彼方で、どこかで試すことが
できれば、もう一度チャレンジしてみたいと思っていたところ、
なんと、デザートの中にドリアンアイスが含まれていました。

R香がそれをチョイスするということで、一口食べさせて
もらうことになり、私は無難なバナナケーキをチョイス。
N嬢はバナナの春巻き包み(だったと思う・・・)を。

でてきたドリアンアイスを食べさせてもらったところ、なぜ
自分がドリアンがどうしてもダメだったのか、一気に
思い出しました。
味がウ○チの味に似ている~!!!←もっ、、もちろん食べたことは
ありませんがっ!
何となく、、、想像です、、、face07

まだアイス状だったので食べれたものの、私のドリアン克服への
道はまだまだ長いな~、、、と悟った瞬間でした。
何でも食べれると自負する人間にとって、この高いハードルを
乗り越えることは非常に意義のあることなのです。(ですよね?)

で、3日目の今日は、映画を見てすごそうと思っています。

なぜかというと・・・・・徳之島には映画館がないからですface11  


Posted by トミヤムクン at 16:08Comments(11)世界一周