2014年09月11日

十六夜


9月9日は十六夜でした。

この日は仕事終わりに、下久志(しもくし)集落の行事に
ちょいと行ってみました。




海から上がってきたお月様。
幻想的でしたicon97




お祭りに行くと、すでに宴もたけなわといった様子で
ボチボチ人が引き上げていくところでした。






砂浜に建てられたやぐらには、もうすでに誰もいません
でしたが、宴の名残がまたさらに幻想的な趣をかもし
出していました。

その情緒を肴に、やはり呑んでしまったのはいわずも
がなface07


え~夜でした・・・・・




  


Posted by トミヤムクン at 09:20Comments(4)徳之島(行事)

2014年08月30日

2014年度・徳之島移住体験ツアー

~情熱の島・徳之島へ! 人も、地も、元気な島へきてみませんか?~




今年3回目を迎えた奄美群島の移住体験ツアーがいよいよ始まります!

奄美群島は奄美大島・喜界島・徳之島・沖永良部・与論島の5島で、
各島によって開催日が異なるので、興味がある人はどの島のツアーも
ご参加いただけます。


ちなみに徳之島のツアー日程は下記のとおりですicon100


日程:10月17日(金)~2泊3日
最少催行人員:1名様より(最大5名様まで)
参加費:お一人様18,500円(島内の移動費・宿泊2泊分・食事代・交流費込)

※徳之島までの交通費は参加者負担となります。
※パックツアー等でご自身で宿泊(2泊+朝食)を手配される場合の参加費は
 7,500円となります。

◆◇◆ツアーの特徴◆◇◆

●参加者のみなさんのご希望を可能な限り実現するために、1日目と3日目は
 オプション形式にしました!

●地元民と集落内での交流会、Iターン者との交流の場を設けました。
 気になること・知りたいことをお答えします!

●先輩移住者がどんな暮らしをしているのか? どんな仕事をしているのか?
 島の生活を垣間見れます。

●町が取り組んでる空き家活用対策物件を見学します。
 「自分だったらこの条件ならば借りてもよい」、
 「こんなリフォームをしたら、きっと住み心地のいい空間になるんじゃないかな?」 
 など、皆さんの貴重なご意見をお聞かせください!

●島んちゅの熱気が一番感じられる「全島一闘牛大会」で、徳之島ならではの
〝熱さ〟を一度体感してみませんか?(闘牛の歴史や技を教えてくれる解説者付き!)


行程などの詳しい内容はこちら(ねりやかなやHP)からご覧ください。


このツアーは徳之島や離島などの移住に興味のある方はもちろん、徳之島自体に
興味がある!という方の参加も大歓迎ですicon59


・特に移住希望というわけじゃないけど、島の人とお話しをしてみたい。

・観光がメインだけど、参加してもいいの?

・3日間のうち、2日目は自由行動にしたいんだけど。。。


等々、参加される方の希望に合わせて可能な限り柔軟に対応させて
いただきますicon59


まずはお気軽にお問合せくださいicon100


徳之島ツアー担当:富山(トミヤムクン)
問合せメール:tommy@summit-fuk.com


徳之島でおあいしましょうicon67


お待ちしておりますicon67




     


Posted by トミヤムクン at 14:31Comments(4)徳之島(行事)

2014年01月23日

徳之島をキレイにしよう!

去年は世界自然遺産候補の井ノ川岳のすそ野清掃活動が
行われましたが、今年は伊仙町のコチラで清掃活動が
行われるようです icon74





誰もゴミをすてなくなるよう、そして豊かな徳之島の地に感謝の気持ちを込めて、
ワタクシ参加を表明しますicon59

たくさんの人が参加してくれるといいなあ~
(ちなみに去年の井ノ川岳の清掃は100人超の人が集まってました)


シマの自然を保護・観察してくれている虹の会さん、いつもオボラダレン
ですface06

  


Posted by トミヤムクン at 11:36Comments(2)徳之島(行事)

2014年01月18日

ほっと一息

遅ればせながら、明けましておめでとうございますicon104


今年1月11日~13日の2泊3日で行われた「徳之島移住体験ツアー」
無事終了しましたーicon59


今回は喜界島から自称・変態AZマックスさんが視察兼レポート係で
来島してくださり、そのレポートがアップされましたので、ご興味の
ある方はぜひ!ご覧になってくださいicon100



(なっ“とくのしま”ツアー・その1)
http://kikaijimakankou.amamin.jp/e409468.html


(なっ“とくのしま”ツアー・その2)
http://kikaijimakankou.amamin.jp/e409916.html


(なっ“とくのしま”ツアー・その3)
http://kikaijimakankou.amamin.jp/e409920.html


(なっ“とくのしま”ツアー・その4)
http://kikaijimakankou.amamin.jp/e409928.html


(なっ“とくのしま”ツアー・その5)
http://kikaijimakankou.amamin.jp/e410054.html


ツアーが無事終了し、参加者のお一人・Sさんからのお礼のメールでは
最後にこんなありがたいねぎらいのお言葉をいただきました。


「お体にはお気をつけて(飲みすぎないように)ご活躍くださいませ」


“爆!”icon196


ば、、、バレてた~icon10
というより、あれでバレないはずはないかface07
(とりあえず、粗相はしておりません~(ハズ))

今回、初日は地元の人と、2日目はIターン者を対象にがっつり対面&お話し&
夜の交流会を行い、3日目はシマのさまざまな物件めぐりと、皆様にご満足いた
だいたようです。

その中でも評価いただいたのは、やはり“人との交流”でした。
観光にせよ、下見にせよ、やはり“人”が重要なファクターを占めるのだなぁと
感じています。

まさに皆さまのご協力あっての“移住体験ツアー”でした。
本当に今回お世話になった皆様、オボラダレンでしたface06




ま~、なんやかんやで余裕がでてきたので、昨日は遊んでいた
畑を兄に整地してもらい、こんなものを植えてみました。



天気が悪いので写りは悪いですが、とりあえずオーシャンビュー畑ですicon125



一株食べると一日長生きするという万能薬草“長命草”。

昨日はせっせと200株植えましたicon122
ふ~(汗)

これが成長した暁には長命草摘み体験なんぞを計画してますので、徳之島へ
遊びに来られる方は要チェケラッ!



長命草を食べて&飲んで、私も2014年を元気に過ごします


今年もよろしくお願いいたしますm(__)m








  


Posted by トミヤムクン at 14:50Comments(3)徳之島(行事)

2013年11月29日

3度目の正直(沖永良部にて)

徳之島へ戻り、早5年近くになろうとしています。

その間、お隣の沖永良部島へ遊びに行こうとするたびに台風で
上陸することができず、先週3度目のトライにしてやっと沖永良部に
受け入れてもらいました(yesicon59

実は今、奄美群島(5島)では、UターンやIターン者を積極的に受け入れて
いこうじゃないかという事業を行っており、その中には移住体験ツアーも
含まれています。

今回は各島のツアー担当者が他のシマではどのように受け入れを
行っているのか視察することになり、私は沖永良部担当となりました。

そんな沖永良部レポートをまとめてみましたので、移住に興味の
ある方はぜひご覧になってみてくださいicon100

沖永良部移住体験ツアーレポート



んで、ワタクシが担当する徳之島の移住体験ツアーは来年1月11日より
2泊3日で行われます。

徳之島移住体験ツアー


今すぐには無理だけど、ゆくゆくは移住を検討している
や、
徳之島に限定しているわけじゃないけど、離島の移住には興味がある。

なんて方は、どうぞお気軽にご質問ください!





沖永良部のワンジョビーチ

最終日のこの日はチョー気持ちよかったですicon125




  


Posted by トミヤムクン at 13:29Comments(9)徳之島(行事)

2013年11月12日

新生児祝い

つい先日、従弟宅の新生児祝いがあり、そのお手伝いに行った時のこと。

みんなでお祝いの準備などをしていたら、叔父の島唄がどこからともなく
聞こえ、外を見ると叔父が孫のNちゃんをあやしているところでした。



(まるで親トトロと子トトロみたい~icon122

その島唄の音色がよかったのか、見に行って見ると・・・




ぐっすり眠っていましたface02


なんだかこんな平和な光景に、涙がうるっとしてしまう今日この頃(ぐすん)
年か・・・・face07




夜のお祝いでは、Nちゃんの両親・姉のYちゃん・新生児のS君揃ってみんなにご挨拶。

考えてみればNちゃんは去年の5月にこんなお祝いをしてもらってたのよねん。
つくづく時の経つのは早いもんだ。

最近、周り(自分以外icon10)に子供が増え、またちょっとづつにぎやかになっています。
若いころには実感できなかった、

“子供は宝よ~”

と大人が言っていたその言葉の意味が、今になってやっとわかるような気がします。
そこにいるだけで、みんなが優しく明るい気持ちになれる。

とはいっても、これが一人だけで子育てしているとまた状況は変わってくるんだろう
けど。
シマでは親、兄弟、親戚はもちろん地域が子供を見守ってくれているという実感が
あります。
その安心感があるからか、割とみんなのびのび育ってますicon122

そして最近の子供って素直なんだよなぁ。
道路ですれ違うと“こんにちはー”なんて挨拶してくれる。
ちょっと心がすさんでる時なんて、ちょっとあったか気分になったりしてicon102
うちらの子供の頃って、なんであんなにひねくれてたんだろ?(あたしだけかicon10

子宝のシマづくりに貢献できないアタクシとしては、独身貴族(icon60face08)だからこそ
出来ることをしようと、最近は某NPOの里親制度でインド人の女の子の里親に
なりました(一か月にいくばくかのお金を送金するあのシステムのやつですね)

いつかはその女の子が徳之島に遊びに来てくれるといいなぁ~なんてことを
夢みながら、ちょっとづつ親心(だけ)を育ててる今日この頃ですface06


  


Posted by トミヤムクン at 17:08Comments(6)徳之島(行事)

2013年11月03日

徳之島にIターン

徳之島では移住を検討するに当たり、移住支援協議会のメンバーでもある
西田不動産という地元の不動産屋さんに住宅相談に来られる方が増えて
きているようです。

その西田不動産の社長から、来年徳之島に移住されてくるというHさんのお話しを
聞き、同じ協議会メンバーである私としてはご親族のいない徳之島になぜ移住する
決断をされたのか気になってご連絡差し上げたところ、快くこんなお返事をいただ
きました。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

(前文は省略)

何故徳之島に I ターンを決めたのかと言えば

雨が多い事も、台風も(台風も経験し帰りの飛行機が飛ばない事も)経験し
それでも徳之島に住みたいと思ったのは、本当に何も無い島ですが
(失礼な言い方ですいません、都会に比べればということで)


 住人のまろやかさに惚れたからです。(これにはエピソードがありますが。)
決して都会では味わえないゆったりとした時間の流れ、そして天気が
良くなれば、本当にきれいな空と海、温暖な気候。

夏に訪問した時は暑かったですね~。でも京都はもっと暑い!!
冬、京都は吹雪、島に着いたら小雨なのに’あれ?暖かい’薄着でいいぞ!!

 長々と長文になりましたが、こんな事ですので宜しくお願いします。


>>住人のまろやかさに惚れたからです。(これにはエピソードがありますが)


 まろやかな人柄に触れたエピソード。 徳之島亀津に着いた夕方、ホテルの窓から
港を見れば誰かが魚釣りをしている。・・・海が好きなので家内ともども小雨の中を
見に行けば、ご夫婦が釣りをされていました。

しばらくお話をしていたら、ご主人がボラを2匹吊り上げ(その日一番の大きさの)ました。
すかさず、奥様が「これ持っていかんね。」と嬉しそうに渡そうとしてくれました。

見ず知らずの観光客に大きな魚を2匹もあげようとする心。その時徳之島っていい
処やなあ~

と、家内と話しながらホテルに帰りましたが、その時家内も住んでみたいと思った
そうです。

 ボラとあのご夫婦が私たちを徳之島に招いたのでしょうね。

どこの誰かもわからず、もうお会いすることは叶わないでしょうけど、こんなささやかな
思いで移住してくる人もいるのだと。

(後文は省略)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Hさん、貴重なご意見&素晴らしいエピソード、ありがとうございます!


シマの人にとってやっぱりシマの冬も寒いもんですが、日照時間が極端に少ない
シマの冬においては、晴天の日は確かに半そでで過ごせる日もあるほどです。

そしてHさんのお話しは決して特別な事ではなく、まさにシマの“おもてなし精神”
の表れだなぁと感じました。

ボラを分けてくださったご夫婦は遠いところから来てくださったHさんご夫婦に
“徳之島に来てよかった”
と思ってほしかったのだと思います。

このおもてなし精神が体重増加につながることが多々ありますがicon10
(福岡にいた頃、帰省した時に1週間で3キロ以上太るなんてザラだったなぁface07



徳之島では12月7日から2泊3日で徳之島移住体験ツアーを実施します。

徳之島で地元の人やIターン者のお話しを聞いたり、交流を深めたいという
方はぜひお問い合わせくださいicon59

徳之島でお待ちしておりますm(__)m







      ~冬場(1月頃)の夕日(収穫後のサトウキビ畑より)~





  ~ちょっとした夏日の徳之島(本日11/3) 磯釣りをしている人の姿も見れます~



今日もゆったりのシマ時間が流れていますicon125

  


Posted by トミヤムクン at 16:01Comments(4)徳之島(行事)

2013年09月12日

ふるさと回帰フェアin東京

9/7~9にかけて東京は早稲田大学内で行われたふるさと回帰フェア
に行ってきましたー!


==9月7日(土)==

久々の東京&初早稲田&初出店。てことでドキドキワクワクしながら
羽田の地に降り立ちましたicon111

 
前夜祭のシンポジウムでは、ふるさと回帰フェアの理事を務められて
いる見城美枝子さんによる開会のご挨拶で幕開けです。

 

 




講演会というと身構えてしまうワタクシですが、このお二人による
怒りや笑いを交えながらのエキサイティングな講演は会場全体を
巻き込んで大盛況でしたicon59

●限界集落を甦らせたスーパー公務員・高野誠鮮氏(スーパーエキサイティング!)
●コミュニティデザイナー・山崎亮氏(浪速のポップなお兄さん。てな感じ)

特に強く感じたことを羅列すると、


・行政主導の地域おこしは時に地域住民のモチベーションを下げる
(時間と手間がかかりすぎる※リスク回避のため?=>地域おこしの敷居が高くなる)

・都会にない人間教育がまだ田舎には残っている

・田舎で感じるマイナスは都会人にとっては新鮮である。

・来てくれる人をお客様扱いしない(地域住民のように接する)

・“自分にとっての幸せとは何か?”を感じたときに、すでに身近にある
 ものが多い。
 物質的なことでいえば家や土地は都会ではなかなか得られないものである。

・閑散とした商店街も考えようでチャンスととらえることができる。
 都会の建物や店内は密集しすぎて落ち着かない。
 ゆったりとした快適空間づくりが人を呼ぶ起爆剤になる。

・積極的に山村留学生を受け入れ、人間力を高めさせて都会へ戻す。
 ひいてはそれが地域の活性化につながる。


特に・・・・

若い女の人が来るとおじいちゃんが、若い男の人がくるとおばあちゃんが
元気になる。ってことがミョ~に納得でしたface02icon10

私が本土の友人を連れてくると、男どもの張り切り具合ときたら尋常じゃ
ないもんな~( ̄^ ̄;)

でも、意外とこういうことが大事で、ちょっとした刺激が日常生活を潤して
くれるんですよね。
やっぱり人間同士のふれあいって大事だなぁ~icon97


要約すると、あるものをあるがままに生かす。
ということが地域おこしにつながるということを改めて実感しましたicon53



9月8日(日)ふるさと回帰フェア当日

 

1階から4階までのフロアは全国の自治体のカウンターで埋め尽くされ、
奄美群島のカウンターにもたくさんの人に来ていただきました。
お越しいただいたみなさん、各島でお待ちしておりますface06


ちなみに・・・・北海道と沖縄は参加してませんでしたicon10


9月9日(月)


徳之島。ただいまー!


2泊3日の短期間ではありましたが、都会の持つパワーと田舎の良さを
感じることができました。

and・・・

オリンピック招致決まりましたねー!

賛否両論ありますが、国全体で一つの大きな目標に突き進むということに
大きなエネルギーを感じます。

パワーアップしたおもてなしの国・ニッポン目指して、地方からも頑張って
いきましょー!icon09

  


Posted by トミヤムクン at 11:10Comments(0)徳之島(行事)

2013年09月06日

ふるさと回帰フェア in 東京(早稲田)

明日(9/7)から2日間にかけて東京(早稲田大学内)にてふるさと回帰フェア
参加してきますicon59

奄美群島全体の中の徳之島担当ということで、8日は移住相談コーナーにて
相談受け付けます。

もちろん奄美群島の他島の相談コーナーもありますYO(^●^)O
(奄美大島・喜界島・沖永良部・与論島)


大都市には何でも揃っているけれど、田舎では自分の想像力と行動力が
ライフスタイルを形成するってことが魅力の一つなんではないかな?
なーんて事を感じる今日この頃。
日本人の価値観が多様化しているとともに、かつ独自の進化を遂げている
日本の地方の中にはもっと自分に合った土地があるかもicon60


徳之島はもちろん、地方に興味のある方はぜひご来場くださいicon59







しかし、久々の東京。実は結構楽しみにしています。(へへへ)

思えば高校卒業後、シマでは通用しても世間では通用しない常識を教えて
くれたのも東京だったな~。

思い返すと恥ずかしいようなことを大都会ではたくさんしてきたような気が
します。
今ではほとんど笑い話になるようなことですが(^^;)

明日から東京の良さと、地方の良さをしっかりと感じてきまっす!
オスicon59 icon09  


Posted by トミヤムクン at 17:50Comments(2)徳之島(行事)

2013年06月23日

本日トライアスロン

ただ今天城町・ゆいのテレビ(ケーブル)でトライアスロンを観戦中(^0^)










今年は島内外から600人以上の選手が参加しています。

スイム2キロ・バイク75キロ・ラン21キロの距離を1名 or  3名 or 6名の人数で
完走しますが。。。。

暑いな~icon10

私もこれからエイドステーションへ行ってきますicon108

  


Posted by トミヤムクン at 09:10Comments(6)徳之島(行事)

2013年03月14日

のんびりクルーズ旅

昨日は大阪からご来島のJTBさんと農協観光さん2名様を徳之島の観光地に
ご案内しました。

農協観光さんは10月30日に神戸港から出発のチャータークルーズの寄港地
視察を兼ねてのご来島だったようで、そのパンフレットがコチラですicon67





屋久島&徳之島face08

徳之島での滞在時間は朝7時~11時半頃までとなりますが、その間にオプショナル
で圧巻の景観を誇る“犬門蓋”と“犬田布岬”を訪れます。

AND・・・

この日のために無料の闘牛観戦が行われるようです(モチロン参加者様限定)

出発までには色々とご苦労もあると思いますが、お客様に気持ちよく滞在していた
だけるように私たちもできる限りお役に立ちたいと思っておりますicon21


なんやかんやと島も忙しくなってきたなー


このワクワク感がたまりませんわicon06  


Posted by トミヤムクン at 16:25Comments(4)徳之島(行事)

2013年01月11日

スポーツアイランド♡TOKUNOSHIMA

みなんさ、ニューイヤー駅伝はご覧になりますか?

つい先日、全日本実業団対抗で優勝したコニカミノルタの選手の皆さんが、練習を兼ねて
再び徳之島の地に凱旋訪問されましたicon59



空港出口では横断幕を引っ提げてのお出迎え


選手の皆さんとコーチのご挨拶


お出迎えの島んちゅとの記念撮影


翌日の夜は歓迎会と記念式典が行われ・・・


皆さんからのあいさつもいただきましたicon59

なんでもコニカさんは5年前から徳之島を合宿の地に選んでいただき、その
理由の一つとして、クロスカントリーパークの存在をあげておられました。

後は本格的な陸上用のトラックがあれば、日本一の(陸上用の)合宿地になれるicon59
と太鼓判を押していただきましたよ~icon59

(※ちなみに一般道でも陸上選手の練習用に、42,195キロのコースに距離の
 目安となる看板がところどころに設置されています)



ちなみに今冬に徳之島に訪れた実業団の数々icon59face08
(※空港出口前の観光連盟カウンターデス)

             icon50







ちなみにあの高橋尚子選手がロサンゼルスオリンピック前に徳之島に合宿し、
日本に金メダルをもたらしたってことで、徳之島には“尚子ロード”なる通りも
あるんですよ(^0^)


陸上選手以外の方も、時にはサトウキビ畑の間を、時には太平洋OR東シナ
海の海を眺めながら、癒しを兼ねたジョギングにぜひおいでください〇(^0^)/




ざわわ~の世界の向こうの太平洋icon125



実をいうとワタクシ、10月後半から12月にかけて5キロも太ってしまい、ただ今
食生活の改善を行っておりますが・・・・・

スポーツアイランドと銘打つなら、スポーツをしなさい!てな感じですね。

へへへ・・・( ^■^;)>
  


Posted by トミヤムクン at 15:59Comments(4)徳之島(行事)

2013年01月09日

2013年-徳之島のお正月

というよりも、トミヤム家周辺のお正月の様子icon104
シマのお正月はなんやかんやと、忙しいっすicon10


徳之島のお正月定番の“やせわ~し(野菜の煮物)”

人参・大根・昆布・揚げ豆腐・豚肉の5点盛りです。
出汁が沁みて、今年も美味しゅうございましたface06


近くの小学校で親戚や知人が集まってのグランドゴルフ大会



お天気にも恵まれ、途中腕まくりをしながら頑張りました。(暑かった~icon10

グランドゴルフ大会後の新年飲み会

じょーしき(手伝い)を兼ねながら飲んでいるうちに夜11時を過ぎ、正月早々
かっ飛ばしてしまいましたface07


そんなんで1月2日はだらだらと家で過ごし・・・・


1月3日は集落での年祝いicon96

今年は還暦・古希・米寿と、お祝いの人の数が軽く20人を超え、ワタシは叔母のお祝いの
お手伝いに駆り出されておりました。



1月4日は浜まつりと呼ばれるお墓参りへ。

お掃除や線香をたてた後はいつもはお墓で家族や親戚と一緒にご飯を食べるのですが、
あまりの寒さに早々に退散icon108

浜まつりの後は、施設にいる祖母に新年のご挨拶

去年100歳のお祝いをした祖母は相変わらず元気でした。
昔はおっかないおばあちゃんでしたが、今はすっかり穏やかな表情になっていますicon97


そして・・・

1月5日は徳之島の成人式icon96 (輝いてるぜぇ~icon97

真ん中が今年成人式のWちゃん。従弟夫婦に囲まれての記念写真です。

田舎のお正月はのんびりどころじゃないけれど、お祝いのために帰省してくる
親戚、友人と久々に顔を合わせることのできる機会でもあるのです。

今年もたくさんの再会がありました。
またみんなと会える日を楽しみにしているよーicon59 (^0^)/~


再見!

  


Posted by トミヤムクン at 12:51Comments(2)徳之島(行事)

2012年12月05日

移住体験ツアー in 徳之島

広域の事業で、去年の9月から進めていた奄美群島の移住体験ツアーが
11月に各島で始まりましたicon108

徳之島は11月14日~16日の2泊3日で行われ、問い合わせ自体はいくつか
あったものの、結局は愛知県から男性お一人のみのご参加となりました。

それでも今回の移住体験ツアーは今後のことを考えると、実りあるものに
なったんじゃないのかなぁと個人的には思っております(^^)

今回の事業を取りまとめているねりやかなやのHPにブログレポートを
まとめましたので、ご興味のある方はぜひご覧になってみてくださいicon100

(移住体験ツアー1日目の様子)
http://www.neriyakanaya.jp/blog/node/1184


(移住体験ツアー2日目の様子)
http://www.neriyakanaya.jp/blog/node/1205


(移住体験ツアー3日目の様子)
http://www.neriyakanaya.jp/blog/node/1225





初日に案内した与名間ビーチにて、参加者様と私の後ろから進行過程を記録
している役場職員のMさん。

肝心の滞在中のオリエンテーションを忘れたりと、突っ込みどころ満載の
ガイドっぷりをお見せしてしまいましたがicon10ドライバーさんや職員さん、
訪問先の皆さんのご協力もあって、ありのままに近い姿の徳之島を
感じとっていただけたんじゃないかなぁと思います。

参加者のKさんはとても知識欲旺盛な方で、いろんな事に興味を示して
くださったので、我々迎える側も非常にやりやすかったです。
ま、自分の知識力はこの際置いといてだけど( ^^;)

つくづく仕事ってのは一人ではできないね。って事を改めて感じました。
本当にご協力いただいたみなさんに感謝×2です。
仕事上とはいえ、人間関係のつながりをこれほどありがたく感じたことは
なかったよ~icon41

初日はなんとか吹っ切れたけど、前日まで超!ド緊張でドキドキしてた
もんね(ふーっ)


自分で自由にツアーを組むのとは勝手が違って、広域という枠組みの中で
さまざまな段取りを経て無事にツアーが終了し、少々腑抜けた感じになって
おりますが、また次のステージ(icon66)で頑張りまっすicon59


とりあえず・・・飲むかっicon59 icon151 
  


Posted by トミヤムクン at 20:42Comments(8)徳之島(行事)

2012年11月18日

天城町農業祭


今回の農業祭はわが集落・前野が初の試みとして、シイタケの菌を打ち込んだ原木を
販売することになりましたicon59




前野シイタケのイメージガール(?)“トミヤムキン”がシイタケの菌(キン)を打ち込んだ
原木を持ってハイ、ポーズicon207 (お風呂上りでごめんなさいね~icon10





菌を付着させた小さな丸い木の杭をうちこんでるのがわかるかなicon79





んで、明日の販売に向けての決起会ってことで、お約束の飲み会ですicon142icon151



明日は朝の8時から準備が始まり、11時から販売開始ですicon59
瀬滝農業センターで行われていますので、シマの方はぜひ来てねーicon59



(しつこいけど)前野シイタケのイメージガール・トミヤムキンからの告知でしたface02  


Posted by トミヤムクン at 00:04Comments(13)徳之島(行事)

2012年11月06日

闘牛と一粒の種

来たる11月24日、伊仙町町制施行50周年記念の一環として闘牛大会と
歌の夕べが開催されます。

この期間中に徳之島に来られる方は、徳之島名物の闘牛はいかがでしょ?
島んちゅ~の熱気がむんむん伝わりますよicon59





その熱気とは裏腹に、闘牛後の歌の夕べで歌われる予定の“一粒の種”を
今回初めて聴いてみました。






実はこの歌の詩は実話がベースになっているそうで、そのお話しを聞いて
しまったからなのか、今はいなくなってしまった父や伯母たちを思い出し、
何度聞いても涙腺がゆるんでしまいました(;-;)

その詩の世界を包み込むように歌い上げる砂川恵理歌さんの歌声も
心に沁みます。

絶対に生の歌声でこの歌を聴いてみたい!

ということで、この日は久々に闘牛に行ってきますicon206


この日は熱く、そして感動で魂が揺さぶられそうな予感がしますicon97

  


Posted by トミヤムクン at 19:24Comments(4)徳之島(行事)

2012年09月14日

あまみシマ博覧会

ワタクシ、今年4月から徳之島の観光連盟に加入し、先日島コーディ
ネーターというお役目をいただくことになり、その初めての活動として
今回はこのような取り組みに参加してまいりました。


別府温泉発祥のハットウオンパクという地域活性の取り組みを参考にした
奄美諸島版〝シマ博〟というイベントがここ奄美で2年ほど前から年2回
開催されています。

が、悲しいことに島外へはおろか、島んちゅ~にもほとんど認知されて
いないこの企画。
今回は内容のブラッシュアップも含め〝シマ博〟とな何ぞや?
という視点から再度取り組んでいこうと、〝ハットウオンパク〟の代表
理事・鶴田浩一郎氏の研修を受けてまいりましたicon67



今週月曜日から奄美大島で2日、徳之島で2日といったスケジュールで
徳之島からは島のカリスマコーディネーターまるちゃん、徳之島3町の役場
職員3名と私5人が参加してきました。



参加して改めて思ったことは、地元の人間が地元の魅力を再発見することは
もちろん、地元の人自体が“主役”になることが地域活性化には欠かせないと
いうこと。


もちろん地道な活動を続けることが必要になるけれど、地道に積み上げてきた
ものは簡単にはなくならないというのは一つの強みでもありますよね。


今までは即効性ばかりを求めていたけれど、コツコツ積み上げていくことの
その地道な努力が、何事においてもきっと必要不可欠なことなんだよな~。
と、改めて強く感じています。


んで・・・・


鶴田講師が、女性の行動力と発想力が地域の活性化には欠かせないと
おっしゃっていたけれど、今回の研修ではそんなパワフルかつアトラクティブな
シマの女性たちとたくさん出会えたことも大きな収穫の一つでしたicon09



でも・・・・・・


ワタシはどちらかというとオヤジ寄りの発想に近いのでicon10今回出会った
みんなとこれからもアイデアを出し合いながら、更に進化した“シマ博”を
お届けできればよいなと思っています。


まずは“徳之島の女性サミット”開催からやねicon48



この出会いに感謝icon59face06


  


Posted by トミヤムクン at 02:57Comments(9)徳之島(行事)

2012年08月26日

今年の夏は・・・(PART2)

サンコンさんが徳之島に来島icon59




きむきゅらにランチにきた時に、一緒に写真を撮ってもらいました。

なんでも徳洲会がアフリカの国々に病院建設(透析センター?)建設の活動を行っており、
理事長である徳田虎雄氏の故郷である徳之島に何か恩返しがしたい。ってことで今回の
来島に至ったらしいです。

恩返しの内容は人に聞いたところによると、徳之島の食品会社が企画&製造予定の
某食品レシピのプロデュースなんだとか。

こちらは全貌が明らかになり次第(icon66)またご紹介します。

テレビでみたとおりのスゴク感じのいい方でしたヨface02


そして盆踊り



今年は小さな子供が二人増え(もちろん私の子供じゃないけどicon41)、その二人をあやす
じ~じとば~ばの姿に、ちょいと頬の筋肉が緩んでしまいました。

アタイも早く孫(もどき)がほしい・・・ま、実質あっちこっちにいるようなもんだけどサ(^^;)


久方の同級生諸君



今年の夏は、たくさんの同級生との再会がありました。
東京から帰省してきたSちゃん、Mちゃん、そしてNくん。
福岡からはMくんが帰省してきました。

さらに他校の中学校の同窓会に、我らNORTH中学校がお呼ばれされ、
久々にたくさんの同級生たちと一同に顔を合わせることができました。

ワタシの中ではこの他校の中学校とは当時、あまり仲がよくなかったと記憶して
いるのですが(ビーバップ最盛期の時代ね。知ってる人はどれくらいいるかな~?icon10
お互い年を取り、酸いも甘いもかみ分けて、円熟味を増してきたな~と
お酒を飲みながらついついそんなことを感じておりました。

が、そのあと、結局カラオケでハッスルしまくり、結局、酸いも甘いもかみ分けて
いないのは、自分だけだったと気づいたその日face07



みんなに感謝face06
  


Posted by トミヤムクン at 08:22Comments(4)徳之島(行事)

2012年08月08日

親戚の結婚式

先日8月5日は親戚のHニィの結婚式でした。

まさかまさかの本土からの美人のお嫁入りに、一時はセンセーションが巻き起こった
もんですが、今や二人一緒の姿がやっと目と感覚になじんできたって感じですface15


が、この日はめったに着ないワンピースを着て晴れがましく家をでようとしたその時、
台風の余波で、すさまじい雨風がワタクシを打ちのめしました。
しようがなく迷彩柄のカッパを羽織って出動しましたがなface07

が、花嫁姿のCちゃんは相変わらず美しかったデス。




芸能人ばりにフラッシュを浴びまくってのケーキカット。
二人とも輝いてるぜぇ~icon97

まぁ天然の性格さえなければHニィもイケメンでとおってた
くらいのルックスなので、まさしく美男美女の新郎新婦でした。


意外に写真をかなりとっていたので、また別サイトに張り付けました。
この作業でかなり労力をくってしまったので、コメントはおいおいつけて
きまーす。まずは写真だけ。

親戚に~じや、お友達の皆さん、ぜひ見てやってくださいなicon100

結婚式の思い出アルバム




  


Posted by トミヤムクン at 19:04Comments(2)徳之島(行事)

2012年07月03日

モンパチが・・・

徳之島にやってくるーーーーーーicon59icon59icon59

何年か前にも、離島を中心に行ったツアー行脚で徳之島に訪れたこともあった
ようですが、今回はその第二弾のようですicon67




日時:8月14日(火)OPEN18:00 START19:00 
場所:徳之島文化会館
前売り券:3,000円


モンパチといえば、“あなたに”や “小さな恋の歌”をよくカラオケで熱唱した
もんですicon26
懐かしいな~icon97

今すぐカラオケにいきたいicon59
思いっきし声をはりあげて小さな恋の歌を歌いたいicon59  <--高音のところをみんな限界
ギリギリまで歌ってましたねface15

今むちゃくちゃ喉がうずうずしとります (T^T) うぅぅぅぅ・・・・


夏は徳之島もイベント毎がいっぱいです。
帰省される島んちゅ~や観光客の方、ぜひ島の“夏”を楽しんでくださいねicon01


日本ノ夏・徳之島ノ夏  


Posted by トミヤムクン at 15:45Comments(6)徳之島(行事)