2011年01月24日

遺跡探検 in 井之川

昨日は徳之島の遺跡&パワースポット探検隊の徳之島トレジャーアイランドさん
に同行させてもらい、井之川というところに探検にいって参りました!

今回はそのレポートですicon100



当日は井之川公民館の第46代・横綱朝潮太郎記念像の前で
待ち合わせです。


探検する場所は井之川公民館そばの小高い山の中です。


 
畑の中から失礼して、ずんずんと山の中に入ってきます。


山の中でひっそりと成長を続けているガジュマルの木を見ていると、
まるで本当にケンムン(妖怪)がひそんでいるかのようです。




根を無数にたらしている大きなガジュマルの木です。



ガジュマルの根が、すでに腐ってしまっている大きなソテツを
締め付けるようにして抱きついています。

  
石灰岩の隙間の穴からも根が突き出ています。



よく東南アジアの遺跡群などで、遺跡を覆い尽くすかのような
ガジュマルの木を目にすることがありますが、やっぱりガジュマル
の生命力ってスゴイわicon10



が、今回の目的は遺跡探検!

ということで、探検隊が遺跡後を次々と発見しました!




上の二つの写真は、明らかに人工的に積み上げられた石灰岩の石垣です。
この他にもいたるところで石垣を見ることができました。

が、今回最大の発見といえばコレ!
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓

人一人がやっと入れるような洞窟!
洞窟の奥とその横には何かを祭ってあるような窪みがあります。


“おいおい、コレって結構すごい発見じゃない!?”

と興奮しつつ、横1メートルほどの横穴を探っているとこんな
モノがでてきました。
 ↓

“なんだこりゃface08!?”

アルミで出来た缶の形状を見てみると、おそらくこれで昔お酒を
作っていたのではなかろうかということでした。

さてここが密造酒製造跡地だったのかは、今のところ???ですface02icon10



洞窟の上の方にも行ってみると、小さい石が積み上げられたその
上に大きな石灰岩があり、この窪みに水をはって手や体を清めて
いたのではないかということでしたが、これから何度か通って
調査をするそうです。



これは南西諸島から沖縄にかけて生息する夜光貝で作られた
貝細工のカケラらしく、これから夜光貝アーティストの専門
家の方に見てもらうようです。



そんな中、山の中でサザエを発見icon59face08

と思ったら、 

 ↓
 ↓
 ↓


陸ヤドカリでしたface02icon10


今回はとりあえずこれで探検を終了し、再度詳しいことを
調べるために何度か訪れるようです。


が、その帰り道、何気に上を見ながら歩いていると急勾配に
なっている山の斜面に洞窟を発見しました。



これは戦時中の防空壕で、この集落ではここからアメリカ軍の
攻撃を監視していたようです。

この上にも更に大きい防空壕がありましたが、とても登れる
ようなところではなかったので行くのは断念しました。


今はこんなに平和な日本ですが、あきらかにここでも
戦争があったんだなぁ。
と、考えさせられた一日でもありました。



合掌  


Posted by トミヤムクン at 23:53Comments(10)徳之島の遺跡&パワースポット