2010年10月28日

がっくり・・・・・


今日から予定していた沖縄への添乗、台風で中止となりました
・・・(T^T)

そういえば以前予定していた沖永良部への旅行も台風の影響で
結局ダメになったんだっけ。

おまけにもうすぐ11月だっていうのに、今ごろ台風って
ど~なの~icon59icon08


雨女ならぬ台風女になってしまったみたいですicon41



は~ぁぁぁぁぁ・・・


それはさておき、お隣の奄美大島のことが心配です。

これ以上被害が拡大しなければいいのですが。。。
  


Posted by トミヤムクン at 16:51Comments(16)徳之島(雑感)

2010年10月26日

2010年 トライアスロン in 徳之島

10/24(日)徳之島にて23回目のトライアスロン大会が開催されました。

去年はゴール前で記録取りのボランティアをしておりましたが、
今年は家の近くで応援ですicon104

ちなみにこんな感じで徳之島を一周します。

スイム2km ⇒ バイク75km ⇒ ラン21km

so hard!!!!!icon67face08



坂をあがってくるアスリートたち。



上り坂だというのに、スピードがあってキレイにカメラに納まりませんicon10



折り返し地点からランで戻ってきます。
かなり早い方の選手達です。


以前ブログに書き込みしてくれた“スクバロチーム”のす~さんが
参加されるということで、参加者名簿で番号をチェックし、待って
いるとやってきました!

もちろんお会いするのはこれが初めてですが、

“トミヤムクンです~!!!”

と声をかけると、

“あ~!!!ありがとうございます!頑張ります!!!”

と爽やかな笑顔で元気に走っていきましたicon16

ちょっと感動モノでしたicon97


スイム・バイク・ランに分かれて3人チームで参加することも
できるので、昔、猛特訓して泳げるようになったスイムあたりで
参加してみよっかな~。なんて考えが心をよぎってしまいました。
(が、全員一斉で泳ぐとなると、格闘にも似たものがあるicon09
とは参加者の談)

バイクとランで参加してくれる方がいらっしゃったら、ぜひご一報を
をば!(^0^)


ちなみにトライアスロンの前日には“ウェルカム闘牛”といった、
いかにも徳之島らしい歓迎の行事もあるんですよ~icon206


しかし、連日雨が降り続いた中、この日に限っては久々のピーカンicon01
の夏日和で、

“み~ま~ぶらってぃや~(神様に守られたね)”
と、島の人が口々に言うほどでした。


暑い熱い中、選手の皆さん、お疲れ様でしたicon67



が、トライアスロンが終わったと思ったら、お次は台風14号の
発生ですface07

明後日から添乗で沖縄に入る予定ですが、う~ん、、、
この進行方向、かなりヤバイicon10
今度は私を、

“み~ま~ぶてぃく~れ~(どうぞ見守ってください)”icon10

  


Posted by トミヤムクン at 14:54Comments(8)徳之島(行事)

2010年10月16日

ビックと散歩

姪っ子が散歩のついでにと連れてきた愛犬ビック。

が、散歩のついでになぜだかそのまま我が家にいつき、早4ヶ月が
経ってしまいました。



あまり散歩に連れて行ってもらえず、暇そうにしているビック。

最初は預かり物くらいにしか思っていませんでしたが、ここまで
くると私の中にも“飼い主”としての自覚が芽生え始め、自身の
運動不足解消のためにもと、最近はビックと一緒に散歩を始めました。

が、紐を持ちながらの散歩がちょいと苦手で、なるべく野放し状態で
歩かせるために、歩く場所はほぼ農道icon122


もともとが従順なのか、割とおとなしくついてきます。
(でも生まれつきの喘息持ちで、ちょっとしたことでも咳がでて
 なんだか見ていて可哀相なビックですicon198



途中、紐につながれたヤギや・・・・



野放し状態のヤギなんかとも遭遇したりして・・・


従兄弟の家の前を通った時には、



今月生まれたばかりのお孫ちゃんが退院してきたっとことで
初めての対面ですicon67

ち、ち、ち・・・小さい!!!!!!

アーンド

かわいい(T▽T)icon67icon67icon67


こんな小さな状態から色んなものを見につけて大きくなって
ゆくんだな~(しみじみ・・・)


半径500メートルの世界ですが、なかなか充実したコース
(?)でしたicon130

お次はまた違う半径500メートルの旅(散歩)にいざ行かんicon59
  


Posted by トミヤムクン at 13:13Comments(8)徳之島(風景)

2010年10月12日

10/10(日)町民運動会 in 天城町

私の住む徳之島の3町のうちの一つ・天城町にて10日(日)に町民
運動会が行われましたicon67


10の集落に分かれての対決となりますが、ワタクシの住む集落は
昔から運動オンチ揃いの上、さらに参加人数が少ないため、
運動神経が限りなくゼロに近い私ごときが3種目もでるハメ
icon59(そのうち2種目は当日に任命icon59icon196

icon113年代別リレーではビリ (20代で参加させて~icon102と冗談でお願いしたら、
冷静な表情で却下された種目  ̄▽ ̄;)
icon113ウーマンパワーはビリから2番目 (俵を棒に吊るし、女性二人で
担いで50メートルを走る競技。
思った以上に重くて、ゴール間近では吐く寸前でしたicon10
icon113男女混合綱引き (・・・・・・悲しくも初戦敗退)


ま、まぁ順位だけ見ればなんとも情けない結果ですが、参加することに
意義があるもんねicon10

と、自分自身を納得させるも、若者のキレのある走りを見るとやっぱり
うらやましくなりますねーicon59



やたらとレベルの高い中学生や高校生もいて、その俊足には度肝を抜いて
しまいました。


小学生も一生懸命ですicon16


実は去年参加したリレーでもビリだったので、来年はせめてビリじゃなく
ブービー賞を目下の目標にしたいと思います。
(低い目標だなぁ~icon10

が、そんな私にも唯一の救いが・・・・

去年は筋肉痛が2日後に来ましたが、今年は翌日にきましたicon67
競技はさんざんでしたが、こんなことが妙に嬉しい今日この頃ですicon104
  


Posted by トミヤムクン at 20:00Comments(10)徳之島(行事)

2010年10月07日

友・遠方より来たる(3日目・サラバ!編)

Nちゃんがいよいよ福岡に帰る日になりました。




宿泊先の“サンセットリゾート”のレストランにて、なにやら書き留めているN嬢。


「出発までどうする?」
「ん~、、海でも眺めながら飲もうかicon66

どっちがどっちのセリフかどうかは置いといて、まぁ、こんなカンジで
出発の時間まで過ごすことになりました。
なんだか酒飲みの2人にはふさわしい最終日なような気がしますface02icon10


この後は徳之島版“Gril's Talk”でしめたあとはいよいよ空港へicon20
が、12:15発を12:50発と勘違いし、危うくNちゃんを徳之島に引き止める
ハメに・・・face13




ワタクシのせいかどうかは置いといて、機内に最後に乗り込む
Nちゃんの図。



そしてNちゃん、飛び立ちましたicon20



が、今回はなんだかさみしくないのです。

それはなぜか????

実は2日目の夕方、従兄弟の闘牛を見に行ったとき、


私:本当は3泊4日くらい滞在してもらったほうが色々観光できたんだけどね~。

N嬢:ううん、今回は2泊3日でよかった!

私:(えっ!?そんなに見所なかった!?icon196 by トミヤム心の叫び)

N嬢:だって次に来るときの楽しみが出来たもの。私また絶対に来たい!!!

私:・・・・・(;-;)



ヘタにお世辞をいわないN嬢の言葉だけに、徳之島のことを気にいって
くれたことが本当に嬉しかった一瞬でした。



蹴球小僧(サッカー小僧)も
“闘牛大会のある日に来てくれ~”
なんていってますし(ほんまかいな!?)
また会える日を楽しみにしてるよー!



アディオース!

また会う日まで~!

ち~ぼ~れよ~!(来てね~!)



そしてその日の夜から翌日にかけては、久々の休肝日になりましたとさ。



合掌face06  


Posted by トミヤムクン at 01:54Comments(8)徳之島(人)

2010年10月07日

友・遠方より来たる(2日目・濃い~歓迎会編)

2日目の夜は、友人が訪れる度にいつも宴の会の準備をしてもらっている
トミヤム姉宅にて宴会ですicon67


たっぷりと徳之島を堪能してもらった後は、

“三味線を引いてみたい!”

というNちゃんのご要望にお答えしまして・・・



徳之島の名物おじさんに来てもらいましたicon67
(同じ集落内に住む、親戚のおじさまでございますface06


プロの奏者ではありませんが、その陽気な人柄がかわれて
徳之島の観光パンフレットにも登場していますface02



まずは酒を片手にご挨拶~icon26


初めての三味線を片手に、ちょっとした講習会icon155



この日は仕事で来ている義兄関係の奄美大島からのお客さんや、家族同様の
親戚に~じ(一同)が集まり、飲めや唄えの大宴会でしたicon104


が・・・


途中、珍しく(icon67face08)Nちゃんが沈没して、お先に本日の宿泊先の“サンセットリゾート”へ。
後片付けをした後、そこへ向かう予定だったワタシはといえば・・・・


朝、気付けば誰もいなくなった宴会場で雑魚寝しておりましたicon126
(いつ眠ったんだか、まったく記憶にございません。ハイicon10
Nちゃん、一人寝させてごめんよぉ~icon67icon41


毎度の事ながら、お酒が入ると一日の始まりは反省から始まりますface07



いよいよ3日目は感動のフィナーレ(icon67icon66)です。
  


Posted by トミヤムクン at 00:36Comments(4)徳之島(人)

2010年10月04日

友・遠方より来る(2日目・観光編)

二日酔いの頭を正常に戻すため、9時過ぎまでダラダラと過ごすと
徐々に視界がひらけてきたので、いざ観光へ!

コンビニの“every one”(何と徳之島に3店舗あります!)に立寄り、
ブランチ用のお弁当を買って向かった先は“喜念浜”。
ここでは海を眺めながら至福の時を過ごしますicon97


==喜念浜==


海に向ける途中、原生林のような林を抜けると・・・


icon67

林から見えてきた海の美しさに、紫外線を何よりも恐れるNちゃんが
“ワタシ、海につかりたい!”
と。

ジーンズをまくりあげ、海にちょっとつかっただけですが、至福の
表情を浮かべるNちゃんでしたicon125

ちなみにここは闘牛用の牛の散歩コースとなっており、
駐車場にはこんな看板が掲げられていますicon50




ちなみに徳之島では道路に巨大な牛の糞が転がっているのを
よく見かけますが、それについて文句を言う人は殆どいません。
インドとは違う意味で、牛は“エラい”生き物なのですicon206



==犬田布岬==

沖のはるか向こうに沈んだとされる戦艦大和の慰霊碑がある岬。
ここも徳之島の代表的な観光地です。
その偉大な景観に、何度訪れる私でもため息がでてしまいます。










==犬門蓋(いんのじょうぶた)==

ここの景観はちょっと犬田布岬に似ていますが、ここなりの
素晴らしい風景に出会えます。


メガネ岩の前でグラビアごっこをするワタシたちicon130
ここで本土から来たという今どきギャルの3人と、スーツ姿の
サラリーマン2人と遭遇(言葉からして本土からの出張者)


「あのサラリーマン2人、何を目的に島にきたんだろうか?」
「案外、旅行会社のスタッフで観光の下見かもよ~♪」

実際、最近では奄美群島の周遊ツアーで訪れる近畿日本ツーリスト
さんやJTBさんの団体さんをよく見かけるようになりました。
ざっとくまなく見て回りたいという方には、こんなツアーも
いいかもですねface01


==小島鍾乳洞==

ワケ(?)あって観光地としては島人からも忘れ去られかけている
鍾乳洞。
道がとにかく複雑で行ける人がほとんどおらず、親戚の豊和ニィに
同行してもらいました。

鍾乳洞フェチだというNちゃんにはぜひ見てもらいたいicon59
と意気揚々と向かったものの、やっぱり分からな~いicon59icon10

辺鄙なところにあるため、途中尋ねる人もいなくなり、やむなく
断念icon198
う~ん、残念!無念!
ワタシも去年一度来ただけですが、行ってみたかったなぁ~・・・



==線刻画(せんこくが)==

グスク時代(といってもいつだ???)に書かれたといわれている
その名の通り、細い線が刻まれているのが特徴の画。

学術的に価値が高いといわれているそうですが、なんだかよく
分からないので、看板に書かれている説明文の写真を貼り付けて
しまいますicon10

 icon50





うっそうと茂った草むらの中に、その線刻画が刻まれた岩が
ありますが、保護のために周りは柵に覆われています。
ハブがいないかどうか、豊和ニィが木の枝で確認しながら
引率してくれましたface11


これが線刻画。
う~ん、、、ワタシには子供が描いたような画にしか見えませんが、
価値のあるものなんですね・・・( ̄^ ̄:)



==ウンブキ==


  

沈下した鍾乳洞によって陸が海がつながっているところ。
ケンムン(妖怪)がでそうな空間です。



==ムシロ瀬==

ムシロが敷かれたように岩が密集しており、奄美群島でも珍しい
景観を見ることができます。
こちらも徳之島では定番の観光地の一つ♪





==秘密のビーチ==

じもぴーの中でも知る人ぞしるビーチ。
ハブがいるかもしれないからと、うっそうとした林の中をカマと棒で
かき分け、ロープをつたってビーチに下るというプチ・サバイバルコース。
あえて場所は伏せときます(^^;A)



海に下ると磯釣りのメッカ、トンバラ岩が目の前に現れます。



食べられないウニの種類の一つ。
するどく長い針がいかにもいたそ~icon10


Nちゃんに至るところで感動してもらった後は、またまた
宴会へと続きますicon142icon151

  


Posted by トミヤムクン at 22:49Comments(4)徳之島(観光地)

2010年10月01日

友・遠方より来たる(1日目・宿泊&宴会編)

到着日初日は友人家族が経営する“きむきゅら(心の美しい人)”で
宿泊&宴会でっすicon67

前のブログでも紹介したことのある“民宿ときわや”の新館ですが、
ここは目の前が海ということもあって、海遊びなどの遊学リゾートを
目的に作られています。


本館の“民宿ときわや”の方は畳の大部屋で、基本は雑魚寝・
バス&トイレ共同という、昔ながらの民宿ってなカンジですが、
新館の“きむきゅら”はビジネスホテルなみのお部屋の作りに
なっていて、プライバシー重視派にはこちらの方がオススメicon105



==室内写真 in きむきゅら==


  
室内の様子とベランダ。



各部屋ごとに液晶テレビ、ポット、ドライヤー、室内スリッパが
完備されています。


   
ユニットバスにはボディソープ・シャンプー・リンスはもちろん
歯ブラシ・シェービングなどのアメニティセットも揃っていて
こりゃビックリicon67face08


本館の貧宿、もといicon10民宿ときわやをよく知っているだけに、
あまりのギャップに戸惑うワタクシface02icon10



ベランダから見える海。
目の前の建物はツインルーム仕様だそうです。


さてさて、次はお楽しみのゴージャスディナーicon28&宴会icon142icon151
お時間でございますicon67



==大(?)宴会 in きむきゅら==

この日なぜか沖永良部から活きのいい伊勢海老が送られて
きたっていうので、こんな豪華な夕食がでてきましたーicon67icon100



 
イカとお魚&伊勢海老のお刺身icon67
これにはNちゃんも大興奮icon67伊勢海老が甘い~icon102
大根代わりのしゃきしゃきした青パパイヤのつまがまた美味icon67

更に・・・


夜光貝のお刺身登場icon67
ひゃっほーicon67icon67icon67
(テンション上がりまくりですicon14


が、更に更に・・・・



ディナープレートに寄り添う真打ちの伊勢海老蒸しが登場icon67
きゃーっicon67(Nちゃんの雄たけび)

身のしまりがよすぎてなかなか皮から外れてくれないので、
2人して素手でがぶりついてしまいました。
が、これがまた信じられないウマサicon105
刺身もいいけど、こっちの方が美味しいかも~icon06


Nちゃんはもちろん、伊勢海老と夜光貝を食べなれてる
ワタシでも(あ、自慢icon66face02icon10)これにはほんっと感激
してしまいましたicon97


このあと、ビール&Nちゃんが送ってきたワインとともに
宿主Rとその友人Yちゃんと宴会&カラオケに興じたらしい
のですが・・・・

カラオケしたこと、全く覚えてません・・・face07


翌日は元気に早起きしたNちゃんとは裏腹に、ワタクシ、二日酔いに
苦しんでおりました・・・face07

朝の、貴重な、時間を、無駄に、させて・・・・・・


Nちゃん!ゴメン~icon67icon10





ここでNちゃんのお姿をちょこっとだけご紹介。
見た目とは裏腹に、男っぷりのいいオナゴですface02

  


Posted by トミヤムクン at 20:26Comments(9)徳之島(観光地)