2008年06月10日

自然体験 in 徳之島!

前回に引き続き、徳之島での体験ツアーの最終のご案内です!

今でこそ出身地である徳之島を誇りに思える私ですが、徳之島を離れ
ある程度の年令になるまでは離島出身であることを恥ずかしいと
思うことがありました。

もしかして、子ども時代の教育に影響があったのかもしれません。
今では信じられないことですが、私の小学校時代は方言が禁止
されている時代がありました。
方言をしゃべっているのを聞かれようものなら、プラカードをぶらさげて
見世物にされている同級生もいたくらいです。face07

今思えば、よく親も文句を言わなかったな~と思うのですが
それだけ本土と離島との生活がかけ離れていて、島の人が本土に
出て行くときに、対等な言葉遣いを子供時代から徹底させようと
していたからかもしれません。

今では方言を残そうとする運動があるのと同時に、方言を話せる
若者も少なくなり、あと何十年もすると方言をしゃべれる人が
いなくなるかもしれません。
なんだか皮肉な話ですが時代の流れには逆らえないものですね。icon198

失ってから初めて気づく良さ。
懐古的だけれども、あまりにもハイスピードな世の中にちょっと疲れた時に
昔を思い出すことがありませんか?

私の中に思い出される光景といえば。。。

冬に家族総出で行っていたサトウキビ畑

毎年夏には家族・親戚一同が集まって、砂浜を寝床にした1泊2日のキャンプicon01

父やおじさんたちが真黒になりながら素潜りや追い込みで獲った魚介類を
みんなでワイワイ言いながら分けあったこと
時たま降るスコールも、海ではみんなシャワー代わりに浴びていたものです。icon11

当時は本土からくる物資もあまり充実していなかったので、自家製味噌の
材料となるソテツという植物になる赤い実を、一家総出で割る作業をよく
やっていました。(やらされていた?)

あの頃は本当にないないづくしでしたが、それでもそれなりに楽しく暮らして
いたような気がします。

今は何でもスーパーに陳列されていて、何でも当たり前のように売られています。

昔はそんな光景にさえいちいち感動さえしていましたが、今ではそれがあたり
前になり、反対に土の上に野菜が実っているのを見るだけで感動する
ようになりました。

ど根性大根が何故にあんなに脚光を浴びるようになったのか、なんだか
わかるような気がします。
遺伝子を残そうと躍起になるのには、ちょっと・・・てな感じですが(^^;)


今や癒しという言葉が一大ブームになっていますが、正直、この定義が
よくわかりません。
人間が自然と共存していたころ、そんな言葉は存在していたのでしょうか?
私もたまに口癖のように『癒されたい~・・・』と口走ってしまうのですが
明らかにコレって文明病なのでは???

自然を相手にお仕事をされている方(農業や林業等)は、おそらく
そういう事を感じることがないと思うのです。

せいぜい肩をもんでほしい~。。。とか、野良仕事の後はビールを
一杯!とかそんなストレートな欲求が大方だと思います。
(ワタクシだけでしょうか!???)

そう考えると『癒し=自然』 これが基本なのではなかろうか?
などと思ってしまう今日この頃です。

今は複雑化社会だといわれていますが、物事をどう考えていったら
いいのか自分の中に行き詰った時、私は自然の中に身を置くことが
一番だと思っています。

自然の中では物事をシンプルに考えられるようになります。

そして、生きるヒントがわいてきます。

土に、海に、触れてみませんか?


 
~6/28(土)出発・徳之島での自然体験4日間!~


6/28(土)

福岡09:30発⇒鹿児島乗継(10:15着/10:55発)⇒徳之島11:55着
着後、地元民の出迎えを受け、地元の食材を使った昼食をお召し上がり下さい。



その後、徳之島一周にご案内!
戦艦大和の慰霊碑が建つ犬田布岬や花崗岩が広がるムシロ瀬 (絶景!)
海の透明度バツグンの喜念浜や畦プリンスビー チ・ソテツジャングル等をご案内

夕食は島ならではのウェルカムパーティーでおもてなし致します!
黒糖焼酎で盛り上がりましょう!

===================================

6/29(日)

朝食後、パッションフルーツの収穫や島バナナの栽培などのお手伝い。
昼食は島のあんば(油)ソ~メンやナブラ(ヘチマ)チャンプル~等を
お召し上がり下さい。

14時~、魚釣りや追い込み漁を体験!

夕食は海辺でのBBQをお楽しみ下さい。
(この日取れたお魚も食卓に並ぶかも!?)


(サトウキビ畑の風景と海)

===================================

6/30(月)

朝食後は少しプライベートタイムを設けます。
(ホテル前のビーチで、ちょっとまどろんだりする時間もまた格別ですヨ!)

島料理に興味のある方は、一緒に昼食を作りましょう!

昼食後は畑仕事の合間に、山の散策もお楽しみ下さい。
南の島の山で取れる食材を、島んちゅ~と一緒に探します!

そしてこの日の夜は、さよならパーティーです。
三味線と奄美大島の民謡を聞きながら、楽しい夜をお過ごし下さい。



(我が家のハイビスカス)
===================================
7/1(火)

朝食後は、秘密の場所でシュノーケリングや釣りなどをお楽しみ下さい。
**まだまだ畑散策をしたい!という方はご相談にのります**

昼食後は帰りの支度の準備。

徳之島15:45発⇒鹿児島乗継(16:40着/17:00発)⇒福岡17:50着

**お疲れ様でした!!**



先週の土曜日、徳之島にいる従兄弟から電話がかかってきました。

従兄弟:『徳之島ツアー、どうなってる?』

私:『う~ん、なかなかねぇ~・・・』

従兄弟:『そっか。。。でもガンバレよ!もしくることになったら、俺達で
 畑でも海でもどこでもみんなを連れて行ってやるから!
 お前もなんでも一生懸命頑張ることだ!』

私:『・・・・・・・・』


半ば諦めモードに入っていましたが、こんなに歓迎してくれようとして
いる人がいる。

絶対に他のツアーとは違う”何か”を感じてもらえるツアーになる事を
確信しました。


今回はご興味のある方を対象に、6/14(土)に食事&お酒を
交えながら、徳之島に関するお話し会を開きます!

人数次第で場所を設定しますが、時間は19時頃を予定して
おりますので、このお話し会だけでもぜひご参加をお待ちして
おりますっ!


ご旅行代金や、それに含まれるものはこちらからご参照下さい。
 ↓
http://kokunai.tour.ne.jp/toku/search/tour/dtl.php?tur_id=363969&grp=2923&cat=&knd_no=2&dp_ym=2008/06&acc=1

お問合せはこちらまで!



~~~~~~~~~~~~~~~
株式会社 サミット福岡
富山 和美(トミヤマ カズミ)
住所:〒810-0041
福岡市中央区大名2-4-38-1106
電話:092-739-7213
FAX:092-739-7217
HP:http://www.summit-fuk.com/
E-MAIL:tommy@summit-fuk.com
~~~~~~~~~~~~~~~


最近、邦画にはまってます。

『アヒルと鴨のコインロッカー』
切なくて、胸に沁みる映画でした。
瑛太、素敵だったな~。。。

『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』
強烈さでは、この何年かの内のNo1(かも?)
好きな映画です。

『自虐の詩』
漫画から入っていきましたが、いい意味で裏切られました。
最後は久々に泣きました。
中谷美紀がこんなにすごい女優さんになるとは、出始めの
頃は考えられなかったです。

何かお勧めの邦画があれば、教えてください(^o^)

  


Posted by トミヤムクン at 20:07Comments(3)徳之島へ!