Posted by at

2011年08月31日

2011-夏休み(海編パート2)

今年は東京からは姉家族、大阪からは妹家族が帰省し、トミヤム家にとって
賑やかな初盆となりました。


そんな夏の日々をいくつか綴ります。



~喜念浜(きねんばま)~


みんなと少し遅れてやってきた甥っ子を連れてやってきました。






ここは白浜がとても美しいところです。





~アサリ獲り~










「楽し~いicon67
とアサリを求めて必死の砂堀り。





~与名間ビーチにて~

姪っ子や従兄の子供をつれて、夏休み最後の海水浴です。




従兄の子供と姪っ子。
徳之島・大阪と離れていても、昔からずっと一緒に遊んでいるような
仲良しです。





こちらも最年少の従兄の子供と姪っ子です。
南国編・「小さな恋のメロディ」を彷彿とさせる一枚が撮れました。
(て、いつのころの映画だよ~icon10

が、本人たちは岩からの飛び込み遊びをやっていて、もちろん
そんなロマンチックなものではありませんでしたがface11




楽しい夏に感謝x2face06

  


Posted by トミヤムクン at 15:53Comments(6)徳之島(海)

2011年08月28日

2011-夏休み(海編)

今年は東京からは姉家族、大阪からは妹家族が帰省し、トミヤム家にとって
賑やかな初盆となりました。


そんな夏の日々をいくつか綴ります。



~畦プリンスビーチ編~





この日もむちゃくちゃいい天気icon01





我が家のギャル軍団ですicon130





子供たちの監視役(?)でトミヤム家のボスicon177





なまこのいる海はキレイな証拠icon12





昔からよく見ているけれど、クモのような形をしているこの生き物の
名前がわかりません。





なまこの横にはウニがごろごろ。
でもこれは食べられる種類のウニではありません。





潮が満ちるとこの珊瑚に群がるたくさんの魚を見ることができます。





自然に感謝x2 face06

  


Posted by トミヤムクン at 11:12Comments(6)徳之島(海)

2010年08月09日

彩&夏の徳之島・夏休み日記(海遊び編その1)

大阪からたった2人でやってきた姪っ子2人の夏休み日記ですicon130
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

7月27日(火)



天気が悪くてこの日は泳げませんでしたが、海にちょっと
つかってみました。


7月29日(木)



天気が徐々に回復し、この日の夕方、徳之島で初泳ぎです!


7月31日(土)



この日も日差しの暑い日中を避けて一つ泳ぎ。
泳ぎ疲れて眠たそうなお姉ちゃんの彩と、ぼ~っとしている
妹の夏です。


8月1日(日)

この日は従兄弟のみっちゃんファミリーとともにプリンス
ビーチへicon67



ちょ~いい天気!




岩の間になにやら発見!
貝かな?魚かな?カニかな?
子供達にとっては全てが興味深深ですface02




海の中でぷかぷかと、気持ちよさそうですicon125




岩場の近くでは、白と黒と縞々模様の小魚が群れを
なして泳いでいます。





その小魚を捕まえようと、網で必死にすくおうとしますが、
なかなかうまくいきませんicon41




みっちゃんファミリーと彩&夏で記念撮影icon207

今日は楽しい一日をありがとうicon67
  


Posted by トミヤムクン at 17:10Comments(10)徳之島(海)

2010年04月13日

友・遠方より来たる(2日目)

2日目は我が家の兄をリーダーとし、姪っ子や従兄弟の子供達も引き連れて
磯遊びへやってきました。


サトウキビの向こうに目的地の海が見えます。



海に降り立つと、こんな感じ。





必死で砂の中のアサリを探す子供たち



潮が引いたとき、こんな天然のプールがあちらこちらに
姿を現します。




こんなんとれたよーicon67
と、よろこぶ二人icon97







磯遊びのお次はやっぱり島の人がお馴染みの観光地“ソテツトンネル”へ

 


トンネルの先にある展望台からはこんな海が広がります。





この後、子供同士のちょっとした喧嘩があったのですが、途中
アイスクリームを買い与えると、いつの間にやらまた仲良くなって
いました。
子供って、単純で可愛いですねicon139



更にお次は島の人が夏に訪れる海水浴場の一つ“プリンスビーチ”へ


ここは現天皇陛下が皇太子時代の頃、美智子夫人と一緒に
訪れたことから“プリンスビーチ”と名づけられたのだそうな。



ここで姉の旦那より電話が入り、友人の為に伊勢海老を獲ってきて
振舞ってあげたいので、代わりにパッションフルーツの受粉に行って
欲しいとのミッションが。(イエッサ!)


ここで観光を切り上げ、友人にパッションフルーツの受粉作業を
手伝ってもらいました。



すでに大きくなっている実があちらこちらで見られます。
二人でやれば30分程度で大丈夫だろうと思いきや、かなりの数の
花が咲いており、1時間近くもかかってしまいました(ふ~icon10



で、今晩の夕飯です!icon100




お目当ての伊勢海老!
うれしー!!!icon10icon10

あさ○ニィ、良○ニィ、ありがとさん!



  

“伊勢海老活け作り&塩茹で&後輩がつってきてくれた水だこの刺身盛”
アーンド
“巨大夜行貝のお刺身”

を、兄・良○が調理してくれました。
またまたおぼらだれん!(ありがとう!)


今日も酒がススミます。ヤバイ!!!(><)




そんなこんなで夜も更けていくのでありました~

  


Posted by トミヤムクン at 18:06Comments(8)徳之島(海)

2009年06月17日

人気のない海

最近漁火に行く人の姿がめっきり少なくなったような気がします。

原因は多分コレ





夏場の時期は伊勢海老や南西諸島に生息する夜光貝などの
漁が禁止されているため、釣りや磯遊びに行く人は多くても
夜に海に行く人は比較的少ないようです。






この日は看板の立っている“むしろ瀬”というところに足を伸ばして
みました。
ここは南国には珍しく花崗岩という岩で敷き詰められていて、
一つ一つの岩がとてつもなく大きいので、壮大な景観を
かもし出しています。


奄美十景のひとつにもなっていて、釣りのポイントの一つでも
あるので、たまに釣りをする人を見かけるのですが、この日は
見事なくらいだ~れもおりませんでした(^^;)


ここは徳之島に訪れた際には必ず訪れてほしいところ。
一枚岩の上に寝転がって海の音を聞いていると、悩んでいた事
などがす~っと頭から抜けていくような気持ちになれます。


ここもある意味、私の中のヒーリングスポットでありんすicon125

  


Posted by トミヤムクン at 10:31Comments(4)徳之島(海)

2009年06月05日

食材探し

島内にあるとある中華屋さんで、ビールのおつまみにとだして
もらった一見山菜風の天ぷら。

その天ぷらのゴボウににた食感と葉っぱの若干の苦味が
とてもおいしかったので、『食材は何ですか?』とたずねると、
浜に自生する『浜ごぼうですよ』という答えが帰ってきました。

その手に詳しい姉夫婦に教えてもらい、早速とある日の午後
食材探しへ行って参りました!


場所は喜念(きねん)というところです。



植物が多い茂る入り口から入りicon125





途中、こぶし大程の熟したパパイヤが生っていました。
日のあたり具合がよくないので、あまり成長しなかったようですicon198


植物のトンネルを抜けると、




やっぱり誰もいない浜が目の前に見えてきましたface16


浜にはいろんな植物が自生しているので、初めは区別が
つきませんでしたが、やっとお目当てのものに出会えました!

(2012年1月26日 追記)
※何も知らずに根っこから掘り起こしてしまいましたが、この記事を
 ご覧になった方は、この薬草に限らず
 根っこは残しておくように
 お願いします!
 (この浜ゴボウ、徳之島で乱獲されておそらく島内では絶滅しかかって
 いると思います)

 ↓ 
 ↓
 ↓





浜ごぼうの葉っぱです。




しばらくすると、小さいニンジンなみの浜ごぼうを発見!

 ↑
 ↑
 ↑
(2012年1月26日 追記)
※何も知らずに根っこから掘り起こしてしまいましたが、この記事を
 ご覧になった方は、この薬草に限らず
 根っこは残しておくように
 お願いします!
 (この浜ゴボウ、徳之島で乱獲されておそらく島内では絶滅しかかって
 いると思います)






母に見せると、早速天ぷらにしてくれました。

食べることに夢中で写真を撮るのを忘れてましたが、やっぱり
おいすぃ~icon67icon67icon67


私が知らないだけで、色んなところにおいしい食材がまだまだ
ありそうです。

食いしん坊バンザイicon67
  


Posted by トミヤムクン at 09:11Comments(4)徳之島(海)

2009年04月30日

日がな一日

昨日が休日だということを、朝目覚めてテレビを見てから気づきました。

ちゃんとカレンダーは毎日見ないとダメですね。 ^^;


で、この日はぼろぼろになったケータイを新機種に取り替える為に
遠出をして“亀津(カメツ)”という徳之島随一の繁華街にあるケータ
イ屋さんに行ってまいりました。

新しいケータイは防水加工になっており、これなら海にいって少々
ぬれても大丈夫かも!と思ってチョイスしたものです。face02

新機種をゲッツしたので、早速写メで海の風景を撮ってきました。





里久浜(りくばま)・少し波があるので、たまにサーフィンをする人の姿を見かけます。






もずくはもう残っていないだろうかと、ヨナマビーチというところへ足を
伸ばしてみました。
駐車場で若いファミリーたちがBBQを楽しそうにやっている中、
孤高のもずくハンター・トミヤムはたった一人でもずくを探しに海の中へicon108
(本当にダレもおらず、ちょっと侘びしかったりしてicon198





獲り尽くされていたと思っていたもずくですが、やはりいくらかは残っていました!
この水面の下で揺れているもずく、見えますか???
この日は2時間頑張って、結構な量をゲッツできましたicon59



持ち帰ったもずくを塩漬けにし、姉が伊勢海老汁があるというので物々交換へicon51icon52
これは今日の夕食に食べます( ̄▽ ̄)v


自然の恵みに感謝icon01

  


Posted by トミヤムクン at 11:06Comments(4)徳之島(海)

2009年04月13日

自給自足生活(海編)

『私、自給自足の生活を目指してるんだ~』


という私の言葉を聞き、自給自足生活のエキスパート・トミヤム姉が
最近何かと私を外に連れ出してくれます。



今回は週末の2日間、旬のモズク獲りへ行ってまいりました!





バケツいっぱい取れました!
野生のモズクは太くてシャキシャキとした歯ごたえがあります。
これを食べると市販のモズクは食べられなくなりそうですface07





モズクと一緒にとってきて“とぅびんみゃ~(飛ぶ貝)”。
(正式名称が分かりません!ごめんなさい!)





こんな小さな貝ですが、味は最高に美味しいんです!
その日もビールのおつまみにいただきましたicon151
プハーっ!icon108




この日は4時間以上モズク獲りをしていたので、お腹がすいたところで
姉夫婦とランチです。icon28
(天気がよくて、海がむっちゃきれいでした!)


実は先週はうちの母とその妹(おばちゃん)とアオサをとってきたのですが、
こちらもかなり大量で、今こんな感じで干されております。

(実はホンの一部)



こういう生活をして思うことは、やはり食育は大切だなということ。
自分で実際に食材をとり、それを調理して食べるとなると、めったなことでは
食事を残したり捨てることができなくなります。

例えば自分がとってきたものでない食材にしても、“きっと大変な思いをして
とってきたんだろうな~”と想像を巡らす事ができるようになるだけで、食材に
対するありがたさがぐっと増してくるのです。


心の豊かさは感謝の心からしか生まれてこないと思います。
まず私は基本的なことからそれを実践していき、それを伝える仕事(人生)に
つなげていけたらな~。と思うのです。


自然の恵みに感謝!


と、いうわけで、庭で自生している島みかんをしぼった黒糖焼酎で
1人カンパイですicon152





うん、サイコー!icon105

  


Posted by トミヤムクン at 23:43Comments(4)徳之島(海)

2009年04月06日

徳之島の写真(与名間ビーチ)

曇り空の中、今日はプチドライブで昔よく行った与名間(ヨナマ)ビーチという
ところへ行ってまいりました。icon17






















と、色んな角度から写真を写してみましたが、このビーチでは色んなアクティビティが
本土価格に比べて格安で楽しむ事ができます。icon100



カヌーは1時間で子供100円、大人200円icon67



そして更に、この近くには町役場がバンガローを安くでレンタルしています。icon100



1棟二人利用で6,000円、一名追加する毎にプラス1,500円で借りることができます。












中はさすがに見ることができませんでしたが、昔親戚一同でレンタルして
バンガローの前にあるBBQスペースで宴会をしたことがあります。

疲れたらバンガローの中で一休みしたり、小さい子供を寝かせたりなど、
用途は色々ですicon130




ちなみにバンガローのある高台から見える与名間ビーチ
晴れていたら、もっとキレイなんですけどね~。。。


バンガローについての問合せ先ですicon100

天城町役場企画課
〒891-7692 鹿児島県大島郡天城町平土野2691-1
TEL 0997-85-5149 , FAX 0997-85-3110 , MAIL kikaku07@yui-amagi.com


私も今年の夏はここで友人たちとBBQパーティーをすることになりました。icon206icon142


すでに喉が麦酒を求めてうなっております icon142( ̄▽ ̄)icon151  


Posted by トミヤムクン at 23:16Comments(0)徳之島(海)

2009年03月03日

海遊び

福岡にいる頃は遊びに行くといえば、飲みに行くという意味
だったけれど、ここ徳之島ではそんなワタクシも比較的
健全に過ごしておりますicon130

一昨日は姉のダンナに誘われて海へ貝を採りに行きました。
なかなか獲物が物色できずにいると、巨大なヒトデを
発見!!!

紅葉のような美しさに思わず携帯写メをパチリicon207
でも、これじゃわかんないかな???


トミヤム命名・巨大紅葉ヒトデ

自然を相手に遊んでいると、

『やっぱ徳之島はサイコウやね~!』

と思えるのですが、なんといっても田舎の夜は早い・・・(--;)
どこでもドアがあれば、今は大名の『焼き鳥・赤兵衛』てな感じです。
焼き鳥はもちろん、ベーコン巻きプチトマト、レバ刺し、葉わさびetc・・・。
あ~っ!思い出すとたまりませんっ!

てな訳で1人ビールを飲みながらルネッサ~ンス!( ^^) Y☆Y(^^ )

今夜も家の前の街灯が暗闇を照らしてくれておりますicon53



  


Posted by トミヤムクン at 23:37Comments(2)徳之島(海)