2011年12月30日

第二の兄弟達と・・・(part2)

従姉妹のKジが無事に入籍を済ませ、ほぼ10日あまり。
本土から帰省してきたKジの姉・Kちゃんの提案で
新居祝いをすることになり、そこでワタクシ素敵な
セレモニーを思いつきましたicon53


実はKジ達、結婚式を挙げる予定がありません。
そしてつい先日、10月に徳之島に遊びに来てくれた
Tさんがパティシエをされている妹さんに作って
もらったというケーキを贈っていただいたのですが、
そのケーキのあまりの可愛らしさに、急遽2人の
共同作業“ケーキカット”をやってもらうことに
しました~icon67




Tさんが送ってくれたモンブランケーキ
むっちゃ可愛い~icon102

実はクリスマスに間に合わせて贈ろうとしたところ、徳之島
に到着するのが4日かかると送るときになって気付いたらし~icon10
でも、ある意味すごくいいタイミングでしたicon105

ちなみにKジとTさんにはこんな接点があります。
 ↓
 ↓
 ↓


Tさんが徳之島に来たときの飲み会写真。
麦藁帽子をかぶりながらノリノリでサザンを熱唱して
いたKジとTさんです。
(Tさん、写真ありがと~icon67


まさかこの時点でKジのお祝いにTさんの妹さんのケーキが
使われることになろうとは・・・
出会いって不思議だ~icon97



そしてこの日のメインイベント・・・・・



気合を入れてケーキ入刀icon67


のハズが・・・・・



アイスケーキでなかなか切れず、Mちゃんがケーキの土台を支え
Kジが一旦一人で入刀するハメにicon10



が、なんとこさある程度の切れ目を入れることができ、
再び2人のケーキ入刀icon102

改めて結婚おめでと~icon67icon104



このセレモニーに回りも大盛り上がりでしたicon14


お嫁さんのMちゃんがケーキの土台を支え、Kジが
ケーキをカットする様を見ていて、
“なんだかまさに結婚生活のようだな~”
なんて事を想像してしまいました。

これからもお互いを支えあって、幸せになってねicon102






そして実はワタクシ(今更カミングアウトしてしまいますが)
ケーキの中でもモンブランが苦手なのです・・・。

のハズでしたがicon67face08
今まで食べたモンブランは一体なんだったんだろうと
思うくらいマジで美味しかった~icon67


基本的に甘いものがたくさん食べられないワタクシですが、
素材の味を生かした上品な甘さっていうのは、こういうこ
とをいうのね。
私にしては珍しく、底にくっついたケーキのカケラも全部
たいらげてしまいましたicon154


Tさん、本当にありがとう~icon59
妹さんにもごちそうさまでしたとお伝えくださいicon59
今風にいうと、ガチで美味かったですicon105

公民館で集まったメンバーからもよくTさんの事を聞かれ
るんですが“あの子はまた島に来そうな気がする”と
Kジやトミヤムニィも言っておりましたface02

次回は一緒に海に潜りにでもいきましょう!

みんなも楽しみにまってますよ~!




不思議な出会いに感謝x2face06  


Posted by トミヤムクン at 03:01Comments(2)徳之島(行事)

2011年12月30日

第二の兄弟達と・・・(part1)

ウチの母には妹が一人おり、その妹である叔母さんには
女一人、男三人という4人の子供がいます。

生まれたときから兄弟のような関係のその従姉妹4人の
うち、たった一人の女の子であるKちゃんが子供を2人
連れて久々に帰省してきました。

私も島を離れていた時期が長かったので軽く15年以上
ぶりくらいの再会でしたが、相変わらずKちゃんの
可愛さは健在でしたicon113


先日はそのKちゃん一家たちと自然公園に行って
まいりました~icon125




都会生まれ・都会育ちのKちゃんの子供2人は山歩きに
悪戦苦闘しておりますicon10
おまけに虫がめっちゃ苦手らしいface07



岩登りにも悪戦苦闘icon10
(ガンバレ~icon59



天然プールでたたずむKちゃんの長男・Tくん



小さな青い熱帯魚が泳いでるのが見えるかな?icon127



岩の間にたまった天然プール。
深さもほどほどにあるので、夏はここでチビっ子たちを
泳がせられるかもicon60



ここでは大きなテーブル岩で記念写真。
やっぱいつ来てもいいトコです。
Kちゃん一家の思い出に残ればいいなicon125


そして今宵はKちゃんの弟の新居祝いへ突入しますicon96

  


Posted by トミヤムクン at 01:18Comments(2)徳之島(行事)

2011年12月26日

ようこそ徳之島へ☆

つい先日、親戚のHニィのお嫁さんになる人の紹介を兼ねた
飲み会に行ってまいりましたicon142icon151




Hニィのお父さんも大喜びで、得意の三味線で2人の結婚を
歓迎していましたicon155




2人の初の共同作業。クリスマスケーキカットですicon06
こんな幸せそうなHニィ、見たことないわicon10





みんなもお祝いムード一色ですicon104


今年後半はなぜかめでたいことが多く、つい先日も従兄弟が
入籍を済ませたばかり。
ちなみに従兄弟は国際結婚、Hニィのお嫁さんはお父さんが
徳之島出身ではあるものの、生まれも育ちもバリバリの関西人
です。

“今度はアンタのお祝いもさせてよ~icon67

なんて言われてしまいましたが、それがいつかくるであろう
還暦祝いになってしまいそうで、ちょっときょわい・・・face13


それはさておきicon10、これからの親戚付き合いに
新しい風が吹いてきたって感じで、これからのお付き合いが
楽しみです(^0^)


来年はみんなにとってよい一年になりますようにicon104

  


Posted by トミヤムクン at 16:14Comments(4)徳之島(行事)

2011年12月20日

カーネーションの時代

ここ近年、個人的にハマれるドラマになかなかお目にかかることが
ありませんでしたが、今、NHKの朝ドラ“カーネーション”に
むっちゃハマっております。

年を重ねたせいもあるのか、もう朝から涙なくしては見れない回
なんぞあってなかなか見ごたえのあるドラマです。
が、たんにお涙頂戴のドラマではなく、吉本新喜劇風の演出や笑
いもありの世界で、だからこそ人間の悲しさやおろかさに涙しち
ゃうのかもね(などと評論家ぶってみたface16


で、番組最後の投稿者による戦中戦後の写真にワタシも応募して
みよう!と思い立ち、アルバムを引き出してみると、酒も入って
いたせいか、懐かしさのあまり胸がつまってしまいました。




おお~icon67
昔の公民館の前でギターを持った父と、酒宴仲間であるおじさんの
お祭り2ショット(なぜか片手にバイオリンがicon10

この写真をおじさんにプリントしてあげたら、目を細めて
懐かしがってたな~。
もうかれこれ60年近くも前の写真らしいicon10






こちらはおそらくその頃の集落内の青年たち。
なんだか、懐かしい人たちの面々が~・・・(T^T)

※ちなみにワタクシ、この頃はまだ生まれてません。
 もうちょい先かな?(あんま変わらんかicon10



今ではなかなかお目にかかることもなくなったけれど、
お祝いの席での酔っ払い同士のケンカや、家に帰って
からも酒癖の悪さにさんざん泣かされた家族もわりと
多かったあの時代。

“男っつ~のは本当にどうしようもないicon59icon08

などと憤っていた自分が、いつの間にやら酒の味を
しめてしまうことになろうとは。。。face07


そんなお酒のほろ酔いもあってか、今日はなんだか
ノスタルジックなカーネーション時代にひたって
ますicon96




  


Posted by トミヤムクン at 01:17Comments(12)徳之島(雑感)

2011年12月12日

徳之島発・台湾直行便(修学旅行編)

時代は変わったな~・・・

今日はつくづくそれを感じる一日でした。


今日は島の高校に通う姪っ子が台湾への修学旅行に
出発した日なのです。
島から海外ってだけでもビックリなのに、なんと
利用する飛行機は台湾からのチャーター便icon67face08

ウチラの頃は隣島の奄美大島へ船で移動し、そこでは
毎朝のジョギングから始まりicon16昼間はボートを漕がされicon19
山の中のアスレチックで鍛錬の日々を送らされていたど~icon59icon08


ちょいとやっかむ気持ちもありつつface11でもどちらかと
いうと羨ましい気持ち全快で姪っ子のお見送りに行っ
てまいりましたicon20




すでに台湾からのチャーター便が到着しておりました。
航空会社名は日本では聞き慣れない
“Transasia Airways(復興航空)”
です。

これに乗って姪っ子たちは台湾に向かうわけですが、実は
アチラからも団体客(といっても約三十数名)が徳之島へ
やってきましたicon59




出口にて台湾観光客ご一行のお出迎え。
真ん中のマダムは台湾からの観光客で記念撮影をしてました。

入国審査については長崎から入国管理局の職員が数名派遣されて
きたらしく、いつもはガラス張りの出口には青いビニールシート
が張られており、審査の模様はあいにく見ることができません
でした。





鹿児島や地元・天城町のテレビ局、新聞社もたくさん取材に
きていました。




かたや入国審査待ちをしている修学旅行生達です。
今、どんな気持ちでいるのでしょ~
ドキドキ?ワクワク? 両方かな?




出国審査を終えていよいよ台湾に向けて出発!

行ってらっしゃい!A美~&他の学生くんたち~
楽しんでおいでね~face02


ちなみに所要時間は約40分だそうです。
鹿児島より近いicon67face08


ワタシつくづく思うんですが、離島の住民の中には海外へ
行きたい人はたくさんいても、本島への移動がネックに
なって海外旅行を回避している人たちってたくさんいると
思うんですよね~

実は一昨年も徳之島から台湾へのチャーター便がでており、
ツアーが発表されるや否や即完売になったそうです。
それ以降も上海やマカオへのチャーター便もでており、
今回はワタシが持っている情報の中では4回目のチャーター
便にあたります。


旅行業界全体が落ち込んでいる今、いいモデルケースが
できたと思いますが、どこぞやの旅行会社さんも他島で
チャレンジしてみてはicon66face15
  


Posted by トミヤムクン at 16:44Comments(10)徳之島(行事)

2011年12月05日

お墓の完成祝い

ほんの十年ちょっと前までは土葬が主だった徳之島も、
今では火葬が殆どを占めるようになりました。

お墓の様相も徐々に変わり、とうとう我が家も砂地の
お墓から納骨堂を兼ねたお墓に改装することに。


先週はそのお墓の完成を兼ねて、朝早くから神父様
や身内を招いてお祈りをしてもらい、お墓を囲んでの
完成祝いをしました。




前日まで雨予報だったにも関わらず、この日はすこぶる
よい天気に恵まれました。




神父様のお祈りの後は、一人一人が線香をたてていきます。
(私の住む集落にはカトリック教会があり、他の地域に比べると
カトリック信者の数が割合多いのです)






お祈りをしてもらった後は、ご先祖様を囲んでの朝食会です。
母も大仕事を終えてほっとしたようです。

ここから皆はそれぞれのお仕事へ。

私は一旦家に戻り、今年4回目の徳之島ガイドへ。
お客様は島に住むおばあちゃんと、東京で某新聞社の記者を
されているお孫さんのお2人です。
今回はお墓参りがメインの15年ぶりくらいの帰省だそうで、
島巡りの前にそのお墓にお連れしました。


お墓参りの後はそのお2人も晴れ晴れとした表情をされて
ました。
私もそうですが、お墓参りの後はすがすがしい気分になるん
ですよね~。


ちなみにこの後に行った先の一つ“ムシロ瀬”
 ↓


この日は高潮のためか大した風もないのにすごい荒れようで
正直ビビりましたface07
アニーちゃん、怖がらせてスミマセンでしたicon10


が、この日は天気にも恵まれ、それぞれのご先祖様に見守られた
こともあってか良い観光案内をすることができました。


ご先祖様に感謝x2face06  


Posted by トミヤムクン at 22:53Comments(4)徳之島(行事)

2011年12月01日

世界デビュー(?)へ!

徳之島で“まるちゃん”といえば島では知らない人はいないくらいの
有名な島案内人ですが、そのまるちゃんの掲示板を久々に除いて
みるとなんとicon67アメリカの“ISLANDS”という観光誌が徳之島に
取材にきていたらし~face08

いよいよ徳之島も世界デビューか~icon97(大げさ?icon10
英語の勉強しなきゃな~icon97(お呼びでない?icon10
ブラピ夫妻が来たらど~しよ~icon97(ないかicon10


どんな風に掲載されるのかむっちゃ楽しみですが、
その雑誌ってば入手できるのかしらんicon60



ちなみにこの写真は徳之島ではなく“ISLANDS”のHP内からコピー
したものです。ステキ~icon97
(てか、無断で掲載したらヤバイ?かな?face13

  


Posted by トミヤムクン at 17:46Comments(7)徳之島へ!