2009年05月29日

大徳之島展 in 鹿児島空港

6月1日(月)~6月10日(水)の期間、鹿児島空港にて徳之島
物産展が開催されます。

その期間に鹿児島空港を利用される方、ご興味のある方は
ぜひお立ち寄り下さいicon130






かわいい3姉妹による島唄ライブも開催されますicon155

6月6日(土) 1部 : 1時~   2部 : 3時~
6月7日(日) 1部 : 1時~   2部 : 3時~

※都合により時間が変更になる場合もあるようです。




ちょ~かわいいicon67icon124icon117icon118
元ちとせの次は栄昇組三姉妹に決定icon67



実はワタシもこの三姉妹の唄をまだ聴いた事がないのですが、
ぜひ生唄を聴いてみたいicon67icon67icon67


奄美諸島の民謡は沖縄とはまた異なる独特の風情があり、
物悲しい音色がぐっと心に響きます。
琴線に触れる一曲に出会えるかもしれませんよicon125



も~ちたぼ~れよ~ (おいで下さいface06



  


Posted by トミヤムクン at 11:25Comments(4)徳之島へ!

2009年05月26日

徳之島の風景を見ながら思うこと

携帯で撮った写真を整理していたら、色んなところで風景撮影をしていたので、
アルバムとしても記録代わりに残しときます。^^



燃えるような色の赤土



畑の隅で華麗に咲く赤いグラジオラスの花



晴れた日の里久浜(りくばま)ビーチ



久々の小雨で山の緑が潤されています。
水は命の源ですicon03




親戚が経営する民宿前の海です。後ろに空港の滑走路が見えます。

以前は豊かな海の幸に恵まれていましたが、ここで獲れる海藻類や
魚の種類がぐっと減ってしまいました。
空港が出来て便利な生活になりましたが、それによって失うものも
ありました。

写真に写っている木は以前のような海に戻ってほしいと、その親戚が
植えたマングローブです。


今はどんな生き物がいるんだろうと、潮が引いた後に石を持ち上げてみると。。。


  


こんな小さな生き物達がひっそりと身を潜めておりました(^^)

昔の海遊びを思い出して、懐かしくなってしまいましたicon11




私が小学生の頃、学校では方言を禁止されていました。
それは本土の生活に追いつけ追い越せの風潮があったからだと思いますが、
今ではその方言を残そうという動きもでてきているようです。

一度失ってから始めて気づく地元の良さがあるのだと思いますが、完全に
失われる前に私たちの意識も変らなくてはicon59
マングローブはその象徴の一つなのかもしれませんicon125


ちなみにそのマングローブを植えた親戚が経営する民宿 『平和の森』 のHPです。
 ↓
http://www2.synapse.ne.jp/heiwanomori/


飾りっけのない、昔ながらの徳之島の民宿です。
素朴さをこよなく愛する方は、ぜひお越しになってみてください (^^)  


Posted by トミヤムクン at 10:54Comments(8)徳之島(風景)

2009年05月21日

日がな一日(その弐)

新型インフルエンザ発生後、旅行の問い合わせがばったりと途絶えて
しまいましたface07


そんなワケで午前中はメールチェックの後、連日続いた雨の影響で
湿度が上がりまくりの我が家を後に、図書館へ資料探し&涼みへ。




わりかし立派な町の図書館





が、中は静まり返り、中へ入っても経費節減の為か電気もつけてもらえず・・・(T0T)

休日は来館する人も多いのでしょうが、平日に訪れるには寂しい限りです。
本の内容も数も充実しているので、これからちょくちょく利用させてもらいます!



午後からは、今日退院する叔母を迎えに兄と車で40分ほどの病院に行く途中、
お昼ご飯を食べに兄がオススメする定食屋さんへ立ち寄りました。




かつて港の待合室として使われていた古い建物ですが、店の看板も
何もなく、裏手の階段から2階に上がると、





かつての待合室の奥にその食堂はありました
絶対に一見さんでは分からない、お馴染みさんだけでなりたっている
食堂のようですface11




昔入ったことがあるのかないのか、ちょっと記憶にありませんが、
とても懐かしい雰囲気を感じました。




奮発してエビフライ定食(900円也)を注文。
見た目の大きさにだまされることなく、衣はサクッサク、中はプリップリの
正真正銘の美味しいエビフライでしたicon193


お腹が満たされたところで病院へ行くと、叔母がベッドの上で横になりながら
私たちを待っていました。
叔母は普段外に出られないので、車から見える景色を楽しんでいるように
見えました。
梅雨の時期に入った徳之島ですが、今日は晴れてくれて本当によかったですicon01


温度が少し下がった頃を見計らって、今度はパッションフルーツハウスへ
受粉作業です。
暑いので、日中は無理と判断しましたicon10


『旅行の仕事はいつやっとんねん!!!』

と思わないでくださいねface11
24時間体制で夜中でも連絡受け付けてますicon67

これが在宅勤務のいいところですicon22




  


Posted by トミヤムクン at 17:17Comments(8)徳之島(グルメ)

2009年05月17日

徳之島の風景(ソテツトンネル)

2週間前、飲み友達から

『ヒマだからドライブに行こうicon67icon17

と誘われ、ランチを兼ねてプチドライブに行って参りましたicon130


まずは小腹が空いたので、美味しいラーメンを出してくれるという海の見える喫茶店へGO!!!


この店のドアをくぐると・・・


窓からこんな海の景色が見えますicon06



窓辺には南西諸島から沖縄に生息する“夜光貝”の置物が南国らしさをかもし出して
くれています。


ここでは友人が塩ラーメンを、私は福岡時代を思い出して豚骨ラーメンを注文。
あっさりとした上品な味で、自称“グルメー”な私たちの舌を十分満足させて
くれました(^0^)


お腹が満たされたところで、島んちゅ~にはおなじみの観光地“ソテツトンネル”へ


元々は農地の区画整理の為に植えられたというソテツですが、観光地として今も
こんな風に残されています。
ソテツとソテツの隙間から畑が見えて、徳之島のゆったりとした時間がそこから
流れてくるようです。
ある意味、私の“ヒーリングスポット”でありんす。



ソテツトンネルをちょっと入ったところで、ハイビスカスの花が私たちを出迎えてくれましたicon48



ソテツトンネルをずっとくぐって行った先の展望台へ上ると、真っ青な海の景色が
広がります。
海からの風がむっちゃ気持ちいいです!
まさに、自然からのプレゼントや~icon125 BY 彦麻呂風


心身ともに癒されたところで、展望台の下にあるおみやげ物やさんへ。


ここでは来店してくれたお客さんにサトウキビジュースを絞って飲ませてくれます。
まじりっけなしの甘くて冷えたサトウキビジュースを飲むと、疲れた体がほぐされるようです。


徳之島にはあまり観光客がいないので、ちゃんと生計が成り立っているのかどうか
昔から気になっていましたが、今でもずっと経営されているのを確認してホッと
しました。
昔から変わることのない素朴なおみやげ物やさんです。
徳之島へ行かれる方がいましたら、ぜひ一度立ち寄ってみてください(^-^)


  


Posted by トミヤムクン at 23:40Comments(8)徳之島(観光地)

2009年05月12日

食育を考える

先週、隣に住む従兄弟夫婦と焼酎を酌み交わしていたとき、



『私、山羊料理好きなんだよね~』

『そうか!じゃぁウチの小さい山羊を一匹オマエにやるわ!』

『まっじーっ!? 超うれピー!』



と、軽いノリで会話を交わしていたら、

本当にやってきました。。。( ̄▽ ̄;)



正確に言うと、
『自分とこの畑につないであるので勝手にもってけ』
と、昨日の朝、従兄弟から電話があったそうな。


ごめんごめんと心の中で呟きながら、力いっぱい踏ん張る
小山羊を引っ張るのは並大抵のことではありません。
母親と離れるのを嫌がってメーメーと悲壮感たっぷりに
叫ぶのを聞きながら、ついついその時点で不覚にも涙が
でそうになりました。


“私に本当にこの山羊をつぶせるかー???”


自給自足を目指しているといいながら、できたら生き物は
避けたいと思っていたのに。。。

その時点では食料にする以外、何か使い道はなかろうかと
考えましたが、オスなので山羊ミルクは却下。
が、雑食なので畑の周辺に生える雑草を食べてもらうのは
どうか???


昨日の夜、従兄弟宅に行ってそんな悩みを打ち明けたところ、
こんな答えが返って来ました。

『だいじょ~ぶ!あと1,2年もすれば憎らしくなって
 つぶすのも躊躇しなくなるわっ!』


どうやらこの従兄弟も反抗期の山羊と日々格闘している
そうな。


とりあえず大きくなるにはまだ時間もあるので、どうするかは
ちょっと考えます。
でも、やっぱり、食べてしまうと、思います。

昨日はちょっとセンチになってしまいましたが、こんな事を一つ一つ
乗り越えながら、真の自給自足生活に突入していくんだろうな~。。。
子供の頃、飼育している牛に名前をつけたところ、母親からこっぴどく
しかられた事を思い出しました。
今となれば、その気持ちが、分かる。


その時がきたとき、ブログを見て考え込んでしまいそうなので
写真を載せるのも躊躇しましたが、食育の意味を自分に問い
かけるためにも、記録として残しておこうと思います。





新しい環境にオドオドしている様子の小山羊


ちゃんと命と向き合わねば。
と思った一日でした。


  


Posted by トミヤムクン at 12:06Comments(8)徳之島(動物)

2009年05月08日

癒し


あまり動物好きでないワタクシでしたが、最近

姉のところで生まれた子猫2匹にすっかり

身も心も奪われておりますicon06





わんぱくで元気いっぱいの姫太





生まれたばかりの頃は病弱で心配だったけれど、今やすっかり
元気になった姫子



遊びすぎた後、すっかり疲れて寝ているところです。

は~ぁぁぁ。。。

見ているだけで癒されます~~icon125  


Posted by トミヤムクン at 09:23Comments(6)雑感

2009年05月08日

BBクリーム

今や美のカリスマと言われる美容研究家(オネエマンズ)のIKKOが
テレビで紹介してからというもの、韓国のコスメで飛ぶように売れている
商品『BBクリーム』を、どうにか安くで入手したいと会社のメルマガで
ぼやいてみたところ、お客様で友人のF井さんから送っていただき
ましたー!!!face02




何と!!!3本セット!
これで安心して海・山・畑を飛び回っていけますicon108

早速そのBBクリームを使っていますが、今まで私が使っていたBBクリームに
比べて、伸びがよくてさらっとした感じのつけ心地がとてもよいですface01
紫外線には結構無頓着なワタクシでしたが、あまりにも紫外線にあたる
機会が多くなったので、これからは本気で気をつけようと思いますicon09



F井さんは某大学の教授の秘書的業務をされている方で、実は
まだ一度もお会いしたことがないものの、徳之島に戻ってからも
とても親しくお付き合いさせていただいてもらっていますface02


福岡での最後の電話での会話は、

『いつか徳之島でお会いしましょう!』

ということでした。
なんだかそう遠い未来でもないような気がしますicon01


F井さん、ありがとうございましたicon67
このお礼は、徳之島の恵みでお返しさせていただきますicon06  


Posted by トミヤムクン at 09:17Comments(2)韓国へ!