2014年05月19日

徒然なるままに日暮し(ネコ編)



パソコンの後ろからひょこっと顔をだしている我が家の
お姫様。姫子icon188





なんとも心地よさそうにお昼寝してます。




ごろっと一回転




んで、もう一人(一匹)のお姫様、ベル姫。



光がまぶしいのか、いつも顔を手で覆って寝ています。

ちょっとうっとおしい時もあるけど、こんな姿を見るとやっぱりかわういな~icon102

ちょっくら癒されました。

明日も頑張ろーicon59
  


Posted by トミヤムクン at 21:36Comments(9)徳之島(動物)

2012年07月28日

徳之島の生き物



初夏、我が家のモクマオウの木に止まっていた渡り鳥のアカショウビン。
めったに人がいるところには姿を現さない鳥なので、もしや以前ワタシが
育てたアカショウビンだったりして?

愚かにもアカショウビンの恩返しを期待していたけれど、その後も何もなく
徒然なるままに過ごしておりますface06



我が家を徘徊していたオカヤドカリ。
夏になるとよく大きいものを見かけます。



島んちゅ~にはお馴染みのヤモリ。
よくハエや蚊などを食べてくれるということで、ある意味役にたってくれる
かわゆいヤツです。
(実際目がかわゆいので、東京から遊びにきたウチの姪っ子がつかまえて
 東京に持って帰ろうとしてましたicon10



この時期になると獲れるアイゴの稚魚(方言ではアイヌクヮ~)と、アイゴの群れに紛れて
つかまってしまった縦縞の稚魚(名前がでてこない~icon10

我が家では丁寧に1つ1つ内臓をとって塩漬けや素揚げにして食べます。




徳之島固有種のオビトカゲモドキ。
こちらは絶滅危惧にも指定されているので、見かけたらそっと見逃して
あげてくださいましface06



実は実はつい1週間前、奄美大島と徳之島にしか生息していない天然記念物の
奄美の黒ウサギを初めて見ることができましたicon59

夜行性の黒ウサギを見るために、夜の山道を何度も車で走らせても姿を見せて
くれなかった黒ウサギちゃんは、私にとって幻のツチノコのような存在でしたが、
この目で見ることができてやっと存在を確信しました。

もちろん存在を疑ってたワケではないけどicon10自分の目で見るのと見ないのじゃ
大違い。 可愛かったよ~icon97

まさか見れるとは思わず、写真を取り出そうとあたふたしている間に写真を取り
損ねてしまったけど、そのお姿を垣間見ることができてとりあえずは大満足でしたicon130


夜の山道は車のライトを消すと、真っ暗で本当に何も見えなくて、その漆黒の
暗闇も久々に衝撃でした。
ド田舎に住んでるとは言いながらも、何かしらどっかの灯りが灯っているもんね~


とにもかくにも、飲み以外の夜の楽しみが一つ増えましたとさface16


  


Posted by トミヤムクン at 21:00Comments(9)徳之島(動物)

2011年11月22日

ヤドカリいろいろ


先週、友人と海に薬草摘みに行ったときのこと、面白い
ヤドカリを発見しました。



植物の上にのっかっていた貝。
なんでこんなところに?とひっくり返してみるとヤドカリface08
どうやって上ったんだ~icon79icon79icon79





貝からやけにはみ出していたヤドカリ。
敵が現れても身をかくそうにかくせないし~icon10
早く自分にフィットしたヤドが見つかるとよいねface16


昔、父親と釣りに行くときによくヤドカリをエサにして
いたことを思い出し、ちょいと罪悪感を感じた一日
でした。face07  


Posted by トミヤムクン at 14:27Comments(2)徳之島(動物)

2011年07月18日

里親募集(?)

先月、姉ん家のネコが子猫を5匹出産しました。

避妊手術をするちょっと前に妊娠していることが分かり、予定外の
子猫の誕生に最初は戸惑っていた姉でしたが、そのうちの二匹は
知り合いが希望してもらってくれました。

んで、今いる3匹はほとんど同じ模様で、今こんなにかわゆい
盛りです。
 ↓



 その中で一番のチビちゃんicon188
 ↓

どんだけカワユイんだ~icon67icon41


最初は里親を探す予定が、最近は姉が手放すのを渋っていて、

「本当に大切にしてくれる人なら考えるけど・・・」

と、里親探しにかなり後ろ向きになってますが・・・face11

子ネコのうちはホントに可愛いもんね~・・・
あんたの気持ちが痛いほど分かるよ。姉ちゃん(T^T)



徳之島在住の方限定で、子猫ちゃんたちとの面接をご希望の方は
ぜひお知らせください(-_^)



  


Posted by トミヤムクン at 21:31Comments(8)徳之島(動物)

2011年07月13日

突然の訪問者

昨日お風呂から上がって自分の部屋に戻ろうとすると
足元でなにやら黒い物体が仰向けになってジタバタ
している姿が目に飛び込んできました。

「ごっ!ゴキちゃんicon60

が、よ~く見てみるとクワガタのメスにも似たような風貌。



ちょっと見づらいけど、頭の部分がちょっとへこんでいて・・・


横から見ると小さい角が一本生えてます。

もしやこれってカブトムシ???


私が記憶する限りでは、カブトムシ系は確か徳之島には
いなかったハズ。
もしや新種発見icon60face08

と、ややテンション高くネットでこの昆虫の事を調べて
みると、どうやら新種でもなんでもなく日本では沖縄や
南西諸島に生息している“タイワンカブトムシ”という
やはりカブトムシの種類なんだそうです。

それと同時にこのタイワンカブトムシの幼虫が今月沖縄の
南大東島で大量発生し、サトウキビや椰子の身を食い
荒らしているという記事を発見。


げっicon67農家にとっては大敵じゃんicon59icon196


正体が分かったらリリースするか従姉妹の子供にあげよ
うかと思っていたけど、知ってしまった以上はリリース
はないなぁ・・・。

このカブトムシの寿命が尽きるまで、とりあえずは
飼うしかないか~icon10


それにしても、少なくとも私はこのタイワンカブトムシを
今まで見たことがなかったけど、もしや徳之島でも異常発生
してるなんてことないのだろうか?


ちょいと心配icon10  


Posted by トミヤムクン at 18:38Comments(4)徳之島(動物)

2010年08月20日

彩&夏の徳之島・夏休み日記(観光編その1)

大阪からたった2人でやってきた姪っ子2人の夏休み日記ですicon130
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

8月7日(土)徳之島フルーツガーデン

ここでは徳之島ではお馴染みの島ミカン(シークニン)・マンゴー・
グアバ・ドラゴンフルーツ等の他に、ライチやジャックフルーツ等
の珍しい果実などが栽培されています。

が、、、

暑さでバテバテの2人。
写真撮影にも全くのってもらえませんでした(T0T)



暑い・・・海に行きたいよ~・・・・



お次は陸に浮かぶ海(ウンブキ)へ
(陸地と海が鍾乳洞でつながっている不思議な場所です)




沼のように見えますが、れっきとした海水です。



大きな岩の上にガジュマルが根を張っています。
“トトロがいそうな感じやな~icon67”と2人。





テーブル代わりにと伐採した木に、新芽がどんどん顔を
だしています。

“意味ないな~”

でも、なんだかこの場所ではいい雰囲気をかもし出してますicon122

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

8月13日(金)犬の門蓋(いんのじょうぶた)へ


崖の上から見下ろす海の色はまさにコパルトブルーicon125






本土からのギャル2人が観光していたので、お互いに写真を
撮り合い、珍しく3ショットでの記念撮影icon207です。




今度は彩一人で記念撮影。
夏は“暑い~icon67”と半べそをかきながら
クーラーの利かない私の車へ直行。
そっちの方が地獄だと思うんですけど~icon10icon10icon10


暑くてもきれいな風景を楽しめました。

自然に感謝face06  


Posted by トミヤムクン at 17:18Comments(6)徳之島(動物)

2010年07月06日

子牛が生まれました!

今日、我が家で新しい命が誕生しましたicon67



生まれたての子牛。
ニューワールドへようこそicon59



生まれてすぐですが、頑張って立ち上がろうとします。




おぼつかない足取りでお乳を飲もうと踏ん張りますicon59
ガンバレicon59


私は出産のシーンには立ち会っておりませんが、今回は逆子のため
牛主の兄が牛のお尻に手を入れて子牛を引っ張っりだしたそうなface08

やるな。アニキ( ̄- ̄;)

どんな動物であれ、生まれたての赤ちゃんの姿には感動ですねicon97
  


Posted by トミヤムクン at 22:39Comments(8)徳之島(動物)

2010年06月16日

なつかしき友(?)

つい先日、山の中を探索しているとなつかしい姿を発見icon67face08





ちょっと見づらいけど、トカゲですicon143

昔は家の回りにもいて、よく捕まえて遊んだりしていましたが
最近は見ることもすっかりなくなり、久々に山の中で懐かしい
“友(icon79)”に会ったような気分ですface16



徳之島では一時期、爬虫類や野生の植物などが乱獲されていた
時期があり、絶滅の危機に瀕しているんじゃなかろうかと心配
していましたが、一匹といえど自分の目で確認することができて
ラッキーでしたicon53


名前を知らなかったので調べてみると、
“オキナワノボリトカゲ”
というらしい。




やはりその日も木の上で獲物を狙っているようでしたicon49


携帯写メでは限界があって、なかなかうまく伝え切れませんが、
とってもキレイなグリーンの色をしているんですよicon59

爬虫類マニアというワケではありませんが、徳之島の自然が
これ以上荒らされないよう、ずっと生息し続けていてほしい
ですね~  


Posted by トミヤムクン at 18:08Comments(6)徳之島(動物)

2010年05月26日

可愛い訪問者

家の近くの小学校から、
「1年生に牛とヤギを見せてやってもらえませんか?」
と依頼があり、早速可愛い訪問者達がやってきましたicon67




まずは牛小屋へicon206



草を食べさせてもいいですか~icon60と。

こんな可愛い子供達にもちろん“ダメicon59”とはいえませんとも~icon06



「はい!次行きますよー!」
先生の集合の合図に一目散に牛小屋を飛び出しますicon108



そしてお次は、家の庭の前につながれているヤギ観賞(?)へ
最近凶暴化しているので、子供達が近づくのをヒヤヒヤしな
がら見ておりましたicon10



そして最後は主である母へみんなが挨拶。
「ありがとうございましたーicon67

さらに、
「握手してくださーいicon67
と、子供達に可愛いお願いをされて、母も大喜びface02



こういう野外学習ってのはいいですねー!
島に住みながら、島の事を知らないことって案外たくさん
あるので、地域を巻き込んでどんどんこんな授業をやって
欲しいもんです。

こんな可愛い訪問者達がきてくれたら、年配の方達も
きっと嬉しいハズ。

子供というより、孫が欲しくなりましたface16

  


Posted by トミヤムクン at 13:57Comments(12)徳之島(動物)

2010年05月18日

久々に・・・

でたーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!


あ、爬虫類系が嫌いな方は、見ないでくださいね(^^;A)



 ↓




 ↓




 ↓




 ↓




 ↓




 ↓



車を運転していると、知り合いのおじさんが瀕死のハブを
つるしているところに遭遇icon67face08





デ・・・デカっ!!!icon10icon10


草刈機で草を刈っているところ、草と一緒に刈ってしまった(?)
そうです(^^;A)

無傷の状態で町役場にもっていくと3,500円で買い取って
もらえますが、今回はかなり状態が悪いので「どうするの?」
と聞くと、油を抽出して傷薬にするんだそうなicon59
またまたビックリicon59face08


あ!ちなみにフツ~に生活する分にはハブと遭遇するなんて
ことは滅多にありませんので~!
ハブは基本的に臆病なので、人を見ると逃げてしまうんですよicon108



どちらかというと島の昔からの知恵を知っているほうだと
思っていたけれど、いやいや、まだまだ知らないことが
多いわ~icon10icon10
  


Posted by トミヤムクン at 20:38Comments(6)徳之島(動物)

2009年12月28日

みゃ~子の最後

ご報告が遅くなってすみません!

色んな方からのアドバイスで、一時期は元気そうに見えた
猫のみゃ~子ですが、私が沖縄に行く日の夜中、そっと様
子を見に行くと、血便を出してグッタリとしたみゃ~子の
姿がありました。。。

それから本当に間もなくです。
息を引き取ったのは・・・。


車で港に行く途中、私の後をついてくるみゃ~子の姿を
思い出すと、悲しくて涙が止まりませんでした。。。


もっと出来る事があったんじゃないかと思うと、やっぱり
そこは考えるところではありますが、

『獣医さんがいてくれたらなぁ~・・・』

心底思いました。



チャーガさま、グリグリさま、ルイさま、にくきゅうさま、
かーずさま、千尋さま、ピンキーママさま、アトラスRさま、
ふたばひなのパパさま、あおもつさま、


色んなアドバイス、本当にありがとうございました!
そして、みゃ~子を救ってあげられずに、本当に申し
訳ない気持ちです。


みゃ~子は今、山と海の両方を見渡せるところに眠って
います。
たくさん飛び回って、遊んで欲しいと思ってです。



こんな結果になってしまいましたが、みゃ~子に出会
えて本当によかったと思っています。

愛しいと思える存在が身近にいるというのは、いいもの
ですね。
それを改めて気づかせてくれたみゃ~子には感謝して
います。


本当にみなさま、ありがとうございました。

  


Posted by トミヤムクン at 16:56Comments(12)徳之島(動物)

2009年12月18日

猫の近況報告

前回、猫の病気について記事にしたところ、色んな方から
たくさんのアドバイスを頂きました。

ありがとうございますicon67


お陰さまで昨日から砂糖水をちょっとずつ飲むように
なりまして、少し胸をなでおろしているところです。


ネコちゃんは今、ぐっすりと昼寝をしておりますicon188



今までのぐったりとした表情とは明らかに違いますicon97

皆様の優しさに感謝です! m(_ _)m



明日から沖縄ですが、その間に猫好きの姉が面倒を見てくれる
ことになっています。


置いていくのが心配ですが、帰ってくるまでもっと元気になっ
てくれるといいなぁ・・・

  


Posted by トミヤムクン at 13:04Comments(12)徳之島(動物)

2009年12月15日

猫の病気

ちょっと訳あって、5日前からネコの面倒を見ています。


すでに体はガリガリで、あまり栄養状態もよくなさそうな
ネコだったのですが、まぁそれなりに元気はありました。


それまでは何を食べて生きてきたのかも分かりませんが、
とりあえずこちらに来てからというものはキャットフード
や魚の骨などを与えていたのですが、一昨日からめっきり
体力が落ちてきた様子。


昨日からは食欲もなくなり、体も冷たくなってきたので
何とか体を温めようとホットカーペットや温かい毛布など
をかけて夜を過ごさせると、とりあえず体温は戻ってきた
ものの、相変わらず食欲はないままです。


徳之島には獣医さんがいないので、インターネットで
色々調べてはみるものの、何を与えても食べないので
どうしたものやら。。。と途方に暮れています。


以前、動物は病気を治すときに絶食をする。という話
しを聞いたことがあるのですが、ネコは2日間絶食を
続けると肝臓に負担がかかるというようなことがイン
ターネットに書いてありました。


何が正しいんだろう???
詳しい方いらっしゃいましたら教えてください!





目に生気は戻ったものの、殆ど動くことも出来ず、何も
食べてくれません。。(T-T)

  


Posted by トミヤムクン at 16:40Comments(20)徳之島(動物)

2009年11月06日

ありがとうの気持ち

正直、猫をあまりかわいいと思ったことがない、氷の
ハートを持つ私ですが、徳之島に戻り、姉夫婦の飼う
猫が双子の猫を出産してからというもの、ほぼ毎日見
ているうちに自分でも信じられないほど猫に対する愛
情がわいてきてきました。


全く歩けない状態から、よちよち歩き、そして精一杯
踏ん張ってのつたないジャンプ。


本当に何気ないしぐさが可愛くて可愛くて、飽きずに
見ているうちに、猫にも色んな個性があるんだなぁと
いうのは私にとっては驚きの発見でした。
(そんだけ猫には本当に興味がなかったので・・・)


そんな双子猫の名前は姫太と姫子。


プチ家出の多い姫太ですが、ある日とうとう本当に帰ら
なぬ猫となってしまいました。

原因は近くの貯水池

本当にショックでショックで、思い出すと涙が止まりま
せんでしたが、あれから2ヶ月、姫太を埋葬したという
砂浜に行ってきました。


景色のいいところで、思いっきり飛び回って、そして
大好きな魚を獲って欲しいと選んだ場所だそうです。




砂浜へと続く道



姫太が眠る砂浜



姫太の眠る場所からは、こんな風景が広がります。
ちょっと見えづらいですが、こんな天気のいい日は
奄美大島がくっきりと見えます。



私に愛情の幅を広げさせてくれた姫太には本当に
感謝の気持ちで一杯ですが・・・


あ~、、やっぱりまだ思い出すと涙がでそうですicon11




ありがとう!姫太!  


Posted by トミヤムクン at 23:53Comments(16)徳之島(動物)

2009年07月28日

里親になりました

と、いうのは雛鳥の面倒をしばらくみなければいけなくなったこと
なんですが。。。( ̄▽ ̄;)


色々な諸事情でバス&トイレを改築しなければならなくなり、
幼い頃から遊び場としていた我が家の土手を切り崩すことに
なったのですが、そこに放置していた古木に雛の巣があった
ので、

“せめてこのヒナがかえるまで、ここだけは工事が終わるまで、
そっとしといてくんない?”

とお願いしたところ、

“いいよ~”

という、約束が工事の30分前に取り交わされたにも関わらず
いきなりブルトーザーがその古木を直撃!

“ちょ、、、ちょ、、、、ちょっと~っ!!!!!icon101


ブルトーザーの動きを止め、慌てて巣のところに駆け寄り、
なんとか4羽のヒナを無事救出~(ほっ!)


“ごめんごめん!まさかその古木に当たると思わなかったわー!”

“ごめんじゃないよ~!どうすんのよこれ~!icon101


さすがに見捨てるワケにもいかず、箱の中に材木と草を
敷き詰めて巣を作り、とりあえずバッタなどをエサとして
与えているのですが、どれだけ与えていいのか途方に
くれていたところ、親鳥がエサらしきものをクチバシにくわえ
ヒナの様子を色んな所から見守っている姿が見えました。


“きっとエサを与えたいんだろうな~”


というわけで、警戒心の強い親鳥がヒナに近づけるように
箱を人目につかないところにおいて、物陰からそ~っと除いて
みると、エサを与える親鳥の姿が見えました!(よかったー!)

しばらくすると親鳥が遠くへ飛び立ったので、
“どんなエサを与えてるんだろう???”
と、そっと除いたところ、子ねずみやトカゲの足がクチバシ
からはみ出しているのが見えましたicon196


鳥の里親になる自信がくずれたのと、巣の位置が変わっても
親鳥がヒナの面倒を見るということがよく分かったので、
里親は一日で終了しようと思いますface07




リュウキュウアカショウビンのヒナ。


実は4羽いたのですが、一番体の小さかった一羽がエサを食べる
事も出来ず、今日の朝、衰弱して死んでいましたicon41
他の三羽は今も元気に鳴いているのが聞こえます。

たまにそっとのぞいてみると、親鳥がエサをあげたり、木の上から
ヒナを見守っている姿が見られます。
一羽いなくなったことを気づいているでしょうか?
なんだか切ないですね(TT)




アカショウビンは成長すると、こんな鮮やかなオレンジ色の羽根に
覆われるようになります。

(こちらから抜粋した写真です)
http://tori.zz.tc/akashobin


この辺はノラ猫が多いので、明日は巣箱を買ってきて安全な場所へ
移したいと思いますicon111icon112




土手に根を張っていたガジュマルの木。
幼い頃からの思い入れがありすぎて、切り崩される瞬間は胸が
痛みましたicon198

今まで台風から守ってきてくれてありがとう!
  


Posted by トミヤムクン at 16:18Comments(8)徳之島(動物)

2009年07月11日

徳之島の生き物達

昔から、夏場になるとよくこんな鳥の鳴き声が聞こえてきます。
“キュキュキュルルルル~”
と鳴くその鳥は、オレンジ色のクチバシと羽に彩られて
いて、最近までその名前を知りませんでしたが、ブログに
載せるにあたり調べてみると“リュウキュウアカショウビン”
という名前だということが分かりました。




家の横に大きな木の切り株があり、そこに巣くう虫達を
狙っていつも木の上で待機している様子です。
虫を食い尽くしたのか、以前は数匹見られたのが今は
昼間はあまり見かけなくなってしまいました。



そして、やはり夏の到来を告げる昆虫の代表といえば
コレではないでしょうか!



いきなり我が家に飛び込んできた訪問者です。
以前はよく家の近くで見ることができたけれど、今は昔ほど
見かけることが少なくなりました。
訪ねてきてくれたお礼に桃の夕食ですface16



そして姉のダンナが川でこんなのが獲れたともってきて
くれました。



手の平いっぱいの手長エビ!
昔、よく川に行っていた私もこんなに大きなエビは見たことが
ありません。
もしかして、外来種???

もちろんその日はビールのおつまみとして塩茹でしていただき
ましたicon142icon151


うん!ウマシ!icon105  


Posted by トミヤムクン at 10:41Comments(4)徳之島(動物)

2009年06月13日

眠れるネコの日々

姉宅の双子ネコの眠れる日々を綴ってますicon188


まどろむ姫子




が、、、兄の姫太に邪魔をされ。。。。


顔面キックicon59 ナイスicon67姫子icon67






またまたある日の夜。。



やっぱり眠たそうにしていると。。。





いつのまにか寝てましたicon102






兄の姫太はお姫様(お殿様?)だっこをされて熟睡ですicon06






可愛すぎて、ネコの寿命を考えるとすでに今から涙がでそう(T0T)

子が親より先に死ぬのは最大の親不孝だというけれど、何となく
分かるわ~


考えすぎですか?face11
  


Posted by トミヤムクン at 12:51Comments(8)徳之島(動物)

2009年05月12日

食育を考える

先週、隣に住む従兄弟夫婦と焼酎を酌み交わしていたとき、



『私、山羊料理好きなんだよね~』

『そうか!じゃぁウチの小さい山羊を一匹オマエにやるわ!』

『まっじーっ!? 超うれピー!』



と、軽いノリで会話を交わしていたら、

本当にやってきました。。。( ̄▽ ̄;)



正確に言うと、
『自分とこの畑につないであるので勝手にもってけ』
と、昨日の朝、従兄弟から電話があったそうな。


ごめんごめんと心の中で呟きながら、力いっぱい踏ん張る
小山羊を引っ張るのは並大抵のことではありません。
母親と離れるのを嫌がってメーメーと悲壮感たっぷりに
叫ぶのを聞きながら、ついついその時点で不覚にも涙が
でそうになりました。


“私に本当にこの山羊をつぶせるかー???”


自給自足を目指しているといいながら、できたら生き物は
避けたいと思っていたのに。。。

その時点では食料にする以外、何か使い道はなかろうかと
考えましたが、オスなので山羊ミルクは却下。
が、雑食なので畑の周辺に生える雑草を食べてもらうのは
どうか???


昨日の夜、従兄弟宅に行ってそんな悩みを打ち明けたところ、
こんな答えが返って来ました。

『だいじょ~ぶ!あと1,2年もすれば憎らしくなって
 つぶすのも躊躇しなくなるわっ!』


どうやらこの従兄弟も反抗期の山羊と日々格闘している
そうな。


とりあえず大きくなるにはまだ時間もあるので、どうするかは
ちょっと考えます。
でも、やっぱり、食べてしまうと、思います。

昨日はちょっとセンチになってしまいましたが、こんな事を一つ一つ
乗り越えながら、真の自給自足生活に突入していくんだろうな~。。。
子供の頃、飼育している牛に名前をつけたところ、母親からこっぴどく
しかられた事を思い出しました。
今となれば、その気持ちが、分かる。


その時がきたとき、ブログを見て考え込んでしまいそうなので
写真を載せるのも躊躇しましたが、食育の意味を自分に問い
かけるためにも、記録として残しておこうと思います。





新しい環境にオドオドしている様子の小山羊


ちゃんと命と向き合わねば。
と思った一日でした。


  


Posted by トミヤムクン at 12:06Comments(8)徳之島(動物)