2014年10月31日

女子旅 in 徳之島(1日目)

約3年前、徳之島をご案内させていただいたKさんから、

「まとまった休みが取れたので、また徳之島に行きたいのですが、
ガイドをお願いできますか?」

と、ガイド業としては初のリピーターさんのご案内をさせていただ
きましたicon59

前回はあらかた主要な観光地を回ったのと、今回はコーヒー農園
の見学も兼ねてのご来島だったので、遠足&集落滞在の要素も
取り入れ、こんな女子旅となりましたicon100



==女子旅・1日目==

空港着後、陸の中の海と呼ばれる“ウンブキ”へプチ見学




トミヤム従姉と友人姉妹が営む集落内のお惣菜やさん“あまらんどぉ”で
昼食を用意してもらいました。
「徳之島へようこそ~♪」



お昼ご飯場所はここでいただきます。




卵焼きおにぎり・パパイヤの炒め物・味噌ピーナッツ&その他もろもろの
手作りお惣菜がぎっしり詰まっていました。
(ねぇねぇ達、ありがとうicon67



真上のサークル状の空間からは、不思議なパワーが流れてくるようでした。



島内一の名水と言われる、徳之島のほぼ中心にある当部(とうべ)集落のイジュン
(湧水)では、乾いたのどを潤してみました。
ここは癒しの里とも言われているんですよ♪




瀬田海海岸では仕事で疲れた体を休めるための、しばしの癒しタイムです。




初日の宿泊場所“幸ちゃんの家”がオプショナルで行っている夕日クルーズに
私も参加費を払って一緒に参加してきました。
レッツゴーicon59



洋上から始めて見る犬田布(いぬたぶ)岬



切り立った断崖絶壁(シブいicon59




夕日が沈みつつあります。。



一部、鍾乳石化した岩肌がところどころに見られました。



野生化したヤギも至る所でたくましく生きていました。



容易に人が立ち入れない浜辺。
この辺りに住む昔のシマんちゅの養生場所だったようですが、よくここに
これたなぁと思うほど過酷な場所にあります。
私も一度訪れたことがありますが、心臓が爆発するくらい帰りの登り道
(ほぼ崖)がきつかったですicon10





等々、私自身がテンションあがってしまいicon10 Kさんの方をふと振り向くと。。。






茜色に染まっていく空に心を奪われているようでした。


そういえば、三年前も夕日をのんびり眺めていたいと言っていたっけ。

この日の空の色がKさんの心にきれいに刻まれますようにicon97


再び徳之島に戻ってきてくださり、オボラダレンですface06




Posted by トミヤムクン at 22:16│Comments(2)
この記事へのコメント
野生化したヤギはどこにいますか?
たぶん白い点々かな?(笑)
ヤギは不思議な動物で、高いところが好き、
並行バランスにも優れ、どんな絶壁でも簡単に上り下りが出来るそうですね。
ところでトミヤムクンさんちのヤギは元気ですか?
えっ!?もう食べちゃった!
Posted by ルイ at 2014年11月01日 04:14
ルイさま

ですです。白い点々がヤギです。^^
本当に彼らはトンデモもない絶壁を軽々と
上り下りしますよね。

え~、、、あのヤギの存在を覚えてたんですね。^^;
ハイ、私の体の一部になりました。
おかげさまで食に感謝感謝です。
Posted by トミヤムクントミヤムクン at 2014年11月01日 12:56
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。