Posted by at

2009年12月28日

みゃ~子の最後

ご報告が遅くなってすみません!

色んな方からのアドバイスで、一時期は元気そうに見えた
猫のみゃ~子ですが、私が沖縄に行く日の夜中、そっと様
子を見に行くと、血便を出してグッタリとしたみゃ~子の
姿がありました。。。

それから本当に間もなくです。
息を引き取ったのは・・・。


車で港に行く途中、私の後をついてくるみゃ~子の姿を
思い出すと、悲しくて涙が止まりませんでした。。。


もっと出来る事があったんじゃないかと思うと、やっぱり
そこは考えるところではありますが、

『獣医さんがいてくれたらなぁ~・・・』

心底思いました。



チャーガさま、グリグリさま、ルイさま、にくきゅうさま、
かーずさま、千尋さま、ピンキーママさま、アトラスRさま、
ふたばひなのパパさま、あおもつさま、


色んなアドバイス、本当にありがとうございました!
そして、みゃ~子を救ってあげられずに、本当に申し
訳ない気持ちです。


みゃ~子は今、山と海の両方を見渡せるところに眠って
います。
たくさん飛び回って、遊んで欲しいと思ってです。



こんな結果になってしまいましたが、みゃ~子に出会
えて本当によかったと思っています。

愛しいと思える存在が身近にいるというのは、いいもの
ですね。
それを改めて気づかせてくれたみゃ~子には感謝して
います。


本当にみなさま、ありがとうございました。

  


Posted by トミヤムクン at 16:56Comments(12)徳之島(動物)

2009年12月18日

猫の近況報告

前回、猫の病気について記事にしたところ、色んな方から
たくさんのアドバイスを頂きました。

ありがとうございますicon67


お陰さまで昨日から砂糖水をちょっとずつ飲むように
なりまして、少し胸をなでおろしているところです。


ネコちゃんは今、ぐっすりと昼寝をしておりますicon188



今までのぐったりとした表情とは明らかに違いますicon97

皆様の優しさに感謝です! m(_ _)m



明日から沖縄ですが、その間に猫好きの姉が面倒を見てくれる
ことになっています。


置いていくのが心配ですが、帰ってくるまでもっと元気になっ
てくれるといいなぁ・・・

  


Posted by トミヤムクン at 13:04Comments(12)徳之島(動物)

2009年12月15日

猫の病気

ちょっと訳あって、5日前からネコの面倒を見ています。


すでに体はガリガリで、あまり栄養状態もよくなさそうな
ネコだったのですが、まぁそれなりに元気はありました。


それまでは何を食べて生きてきたのかも分かりませんが、
とりあえずこちらに来てからというものはキャットフード
や魚の骨などを与えていたのですが、一昨日からめっきり
体力が落ちてきた様子。


昨日からは食欲もなくなり、体も冷たくなってきたので
何とか体を温めようとホットカーペットや温かい毛布など
をかけて夜を過ごさせると、とりあえず体温は戻ってきた
ものの、相変わらず食欲はないままです。


徳之島には獣医さんがいないので、インターネットで
色々調べてはみるものの、何を与えても食べないので
どうしたものやら。。。と途方に暮れています。


以前、動物は病気を治すときに絶食をする。という話
しを聞いたことがあるのですが、ネコは2日間絶食を
続けると肝臓に負担がかかるというようなことがイン
ターネットに書いてありました。


何が正しいんだろう???
詳しい方いらっしゃいましたら教えてください!





目に生気は戻ったものの、殆ど動くことも出来ず、何も
食べてくれません。。(T-T)

  


Posted by トミヤムクン at 16:40Comments(20)徳之島(動物)

2009年12月14日

戦艦大和(慰霊塔)・修復へ

徳之島にある戦艦大和の慰霊塔は、島の人であれば観光地と聞かれたときに
真っ先に思い浮かべるところです。

それほど私達にとっては馴染みの深いところですが、久々に行くと慰霊塔の
損傷がひどく進んでいることに驚かされます。


この慰霊塔を修復するために募金活動が行われていましたが、やっとその
修復作業が行われることになったようです。




**YAHOOの読売新聞より**

≪1945年4月7日に撃沈された戦艦大和をはじめとする旧日本海軍
第2艦隊の戦没者を弔うため、鹿児島県・徳之島の犬田布(いぬたぶ)岬に
立つ慰霊塔が風雨と塩害にさらされて崩壊の危機にあり、地元の伊仙町
が修復することになった。

高さ24メートルの慰霊塔は建立から41年を経てコンクリート片が剥
落(はくらく)しており、遺族らから修復を望む声が上がっていた。
町は募金活動で全国から寄せられた約1600万円を使う≫
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/kagoshima/news/20091213-OYT8T00054.htm


幼い頃はこの塔が建っていることの意味をよく分からずに訪れていまし
たが、戦争で亡くなった方や残された遺族の方の気持ちを少しずつ想像
できるようになると、戦争の悲惨さを忘れないように形にして残してお
く事も大切なんだ。と今は思えるようになりました。



犬田布(いぬたぶ)岬にそびえ立つ戦艦大和の慰霊塔


徳之島観光協会HPより



徳之島では必ず訪れて欲しい場所の一つです。



*タイトルを『戦艦大和・修復へ』としていましたが、正しくは
 慰霊塔です。
 勘違いさせてしまった方、申し訳ありませんicon10  


Posted by トミヤムクン at 09:56Comments(2)徳之島(観光地)

2009年12月11日

徳之島B級グルメ(その弐)

兄と姉は漁がむちゃくちゃ好きで、よく一緒に漁火なんぞに
行っていますicon126

その日もそこそこに獲物があったらしく、タコと正体不明の
甲殻類のおすそ分けがあったので、初めてこんなものを作っ
てみました。




**タコのま~だじ~る(直訳すると黒い汁??)**


茹でてしまったタコ。
しかし本当は生のまま頭から墨を取り出します。




アンド・・・


正体不明の甲殻類

  

よく海に行く兄と姉も始めてみる種類の甲殻類らしいのですが、
“中るとこわいから、アンタ食べていいよ”
と言われて引き取ってまいりましたface13


元・海のエキスパートである父に見せると、さすがにかつて海で
ブイブイいわせただけあって、すぐにその名前が分かりました。

“セミエビ”というんだそうです。

でもインターネットで調べると、見た目はこんなんではないのが
ひっかかるトコロですが、“美味しいよ”と言っているくらい
なので食べれないということはないのでしょう。


というわけで・・・


タコ墨と味噌をあわせた汁の中に、タコの身とセミエビを
ドッキングさせたま~だじ~るはこんな感じ。





黒い汁の中にセミエビが浮かんでいますface11



見た目は悪いですが、味は結構イケますicon105



しかし、たまには洋風を食べたいということもあり、
取り分けておいたタコの身を使って、バジルソースの
パスタなんぞを作ってみました。




バジルソース・塩・黒胡椒だけのシンプルな味わいですが、
そこそこ美味しかったですicon28



たまにはこういうのを食べたくなるので、来週沖縄に行った時に
徳之島では手に入らない調味料をしこたま買い込んできたいと
思いますicon108

  


Posted by トミヤムクン at 18:54Comments(2)徳之島(グルメ)

2009年12月09日

忘年会


先週5日(土曜日)は忘年会をはしごして参りましたicon67

前半戦(?)は、割と近所では有名なクリスマスイルミネーションの
点灯式があるとかで、招かれてそのお宅へ。


しかし、思ったよりもゴージャスな点灯式に、ただただ
びっくりface08





こんなんや、




またこんなんや、




またまたこんな感じで、島には珍しく本格的なクリスマス
イルミネーションですicon97

しかし、電気代がかかりそうだな~face11


毎年お友達やご近所の方を招いて点灯式を行うのだそうですが、
何とこちらのご主人は福岡出身の方で、数年前から徳之島出身の
奥様とこちらに住居を構えて住んでいるそうです。





ご主人の“あんちゃん”です。
クリスマスイルミネーションにも負けじと輝いていますicon12




ここを1時間ほどで後にして、次に向かうは親戚+αの忘年会。

私は普通だと思っていたのですが、島の友人曰く、

『あんたたち親戚同士の仲の良さは、ハンパじゃない』

だそうな。



兄弟のように一緒に育ってきた環境もあるのでしょうが、言われて
みると親戚同士の集いがやたら多いような気はします^^;


親戚の他にもその他大勢が集まるようになったので、個人宅では
収拾がつかなくなり、最近では公民館を貸しきって忘年会などを
行っているそうな。




ここは今年できたばかりの“新生・松原公民館”
さすがに建物もトイレもむっちゃキレイでした!icon97



しかし最近酒グセが悪いと、途中姉と一緒に帰るハメに・・。

一応、大人しく呑んでるつもりなんだけど~・・・( ̄▽ ̄;A)

  


Posted by トミヤムクン at 18:08Comments(8)徳之島(行事)

2009年12月04日

徳之島B級グルメ(その壱)

個人的に美味しいと思った身近な食べ物や食材をちょこちょこ
紹介していきたいと思いますface16



☆従兄弟が作ってくれた“さたじま~む”(直訳すると砂糖地豆)



炒ったピーナッツと、お湯で煮詰めた黒糖を混ぜて固めた
南国特有のお菓子です。

市販のものもありますが、自家製を食べるとまず市販の
ものは食べられなくなります。
特に作りたての美味しさといったらicon67
甘いものが苦手な人でも、これはかなりイケるハズicon12


その日はブラックコーヒーと一緒にいただきましたicon153
ベストコンビネーションicon77icon105




☆塩茹でピーナッツ


これは畑から取立てのじまむ~(ピーナッツ)を殻ごと塩茹でしたもの。
個人的には“キング オブ おつまみ”ですねicon67
これはハマリますよ~!

冷凍するとかなり長い間保存がきくので、小分けにして冷凍庫
保存しています。



☆青パパイヤの千切りとランチョンミートの炒め物




味付けはその時々で変りますが、今回は薄口醤油と砂糖だけの
シンプルな味わいです。んまっ!



パパイヤは1年中、島のあちらこちらで見かけることが
できるんですよ(^0^)

まだ小さい木にもこんな風に実がなります。



炒め物やサラダまた漬物にと、島人にとってはとても身近な
食材なのですicon122



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


さてさて、お次は本土からのA級グルメ!

某大学にお勤めのF井さんから、送っていただきました~!




大ぶりの柿icon67
キレイなオレンジ色で、果物大好き父も大喜びですface02
10個ほどおくっていただきましたが、あっちゅー間に
無くなってしまいました(^^;A)

一緒に柿の葉っぱが添えられていたんですが、よくよく
見ると柿の葉っぱって色合いと模様が洒落てますね。
和菓子なんぞをのっけると、素敵な器になりそうですicon97


私からも近々何かお送りさせていただきますね。

お楽しみに(^0^)icon67  


Posted by トミヤムクン at 15:08Comments(10)徳之島(グルメ)