Posted by at

2012年07月28日

徳之島の生き物



初夏、我が家のモクマオウの木に止まっていた渡り鳥のアカショウビン。
めったに人がいるところには姿を現さない鳥なので、もしや以前ワタシが
育てたアカショウビンだったりして?

愚かにもアカショウビンの恩返しを期待していたけれど、その後も何もなく
徒然なるままに過ごしておりますface06



我が家を徘徊していたオカヤドカリ。
夏になるとよく大きいものを見かけます。



島んちゅ~にはお馴染みのヤモリ。
よくハエや蚊などを食べてくれるということで、ある意味役にたってくれる
かわゆいヤツです。
(実際目がかわゆいので、東京から遊びにきたウチの姪っ子がつかまえて
 東京に持って帰ろうとしてましたicon10



この時期になると獲れるアイゴの稚魚(方言ではアイヌクヮ~)と、アイゴの群れに紛れて
つかまってしまった縦縞の稚魚(名前がでてこない~icon10

我が家では丁寧に1つ1つ内臓をとって塩漬けや素揚げにして食べます。




徳之島固有種のオビトカゲモドキ。
こちらは絶滅危惧にも指定されているので、見かけたらそっと見逃して
あげてくださいましface06



実は実はつい1週間前、奄美大島と徳之島にしか生息していない天然記念物の
奄美の黒ウサギを初めて見ることができましたicon59

夜行性の黒ウサギを見るために、夜の山道を何度も車で走らせても姿を見せて
くれなかった黒ウサギちゃんは、私にとって幻のツチノコのような存在でしたが、
この目で見ることができてやっと存在を確信しました。

もちろん存在を疑ってたワケではないけどicon10自分の目で見るのと見ないのじゃ
大違い。 可愛かったよ~icon97

まさか見れるとは思わず、写真を取り出そうとあたふたしている間に写真を取り
損ねてしまったけど、そのお姿を垣間見ることができてとりあえずは大満足でしたicon130


夜の山道は車のライトを消すと、真っ暗で本当に何も見えなくて、その漆黒の
暗闇も久々に衝撃でした。
ド田舎に住んでるとは言いながらも、何かしらどっかの灯りが灯っているもんね~


とにもかくにも、飲み以外の夜の楽しみが一つ増えましたとさface16


  


Posted by トミヤムクン at 21:00Comments(9)徳之島(動物)

2012年07月21日

癒し彡

暑いながらも、全ての色が輝くこの季節。
色んな風景に癒されますicon125



どこまでも続く空と青い海、それに珊瑚のカケラが入りまじった白い砂浜







空に向かって伸びゆくひまわりの花icon122




そして今、最大の癒しが・・・・・・・・






THE・ケンG


じゃなくってicon10 父親そっくりの従妹の子供Nちゃん。

今日もこの写真で癒されてましたicon130

かわゆすぎるぜ~~~0(T^T)0
  


Posted by トミヤムクン at 22:14Comments(8)徳之島(風景)

2012年07月17日

台風か~・・・

本当だったら今日の夕方か明日の朝、お隣の島・沖永良部に行く予定だったのに・・・・




                         THE・台風 icon196


去年も沖永良部に行こうとしたら台風で行けなかったんだよなぁぁぁぁ・・・icon41


こんなにも近いのに、なかなかたどり着けない沖永良部になぜか
切ない片思い(T^T)


その前に、親戚のMちゃんが沖縄経由でフィリピンから戻ってくる
予定なのだが・・・


だ、、、大丈夫かなicon10



今年はどうやら台風の当たり年のようですicon03  


Posted by トミヤムクン at 14:53Comments(6)

2012年07月13日

奄美大島・移住体験ツアー視察(その三)

前回の続き・・・


開運酒造(宇検村)~

黒糖焼酎で有名なれんとを製造している酒造会社さんです。
焼酎の試飲のほか、ここではまだ店頭で販売されていないお酒などを購入することも
できます。




敷地内にある水汲み場
かわいい(icon66)河童が守りをしてくれているようです


やけうちの宿

今回私が泊まったお宿です。
ここはコテージと通常のビジネスルーム(きょらむん館)があり、私はコテージの
方に泊まりました。


フロントから食堂への入り口















室内はご覧のとおり、ベッド二台・バス・トイレ(バスとトイレは別々)・キッチン
冷蔵庫が完備されていて、自炊も可能です。
お子様や赤ちゃん連れにも便利ですicon97

室内にほんのり香る芳香剤が置いてあるのもポイント高しでしたicon48




白い建物がきょらむん館(ビジネスルーム)、その奥がコテージです。





夜ともなると、ほんのりとした明かりが庭園を照らします。


~がじゅまる~

翌日、奄美南部の古仁屋港へ行く途中、誰も気に留めないけど道沿いに立派な
がじゅまるがあるんだよ。と立ち止まってくれた場所。





確かに、そのまま見過ごしてしまうにはもったいないくらいの存在感のある
がじゅまるの木です。
枝から地上に降りてきたいくつかの根っこが成長し、すでに一つの幹として
独立していました。




がじゅまるの木に絡みついていた蔦から小さな花が咲いていました。
ひっそりと咲いていて、なんかいいなぁ、こういうの。

が・・・・・・

割と平常心でいられたのはここまでで、前日のお酒&カーブの多い山道に
撃沈し、帰りの船の中でうずくまる誰かさんの姿があったのはいうまでもないface07

本気で学習しようとおもったその日。

合掌face06


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


前回の続きでこれが最後になりますが、関係各所を一緒に回る中、ツアーを進めていく
ために参考になることが多々ありました。

*起こりうる事態を想定して、いくつかのパターンを用意していくこと。
*常に何人かの協力者をお願いしておくこと。

ていうのは一番響きましたね。

自分一人の力には限界があるということをしみじみ実感しました。

あと、プロのガイドさんの仕事を間近で見させてもらったことも大きな収穫の一つでした。

前回の徳之島の下見の時にも感じていたけど、徳之島に詳しいと思っていた自分が
実は基本的なことをほとんど知らなかったということ。
これにはちょっと落ち込んだなぁ~icon198
ただいま徳之島のことを改めて勉強中ですicon91


奄美群島への移住を検討されている方は、ねりやかなやさんのHPから
ぜひお問い合わせください。

まっちゅれんど~!(お待ちしております!)
  


Posted by トミヤムクン at 14:51Comments(2)徳之島(観光地)

2012年07月13日

奄美大島・移住体験ツアー視察(その二)

前回の続き・・・


マテリヤの滝

滝マニアというわけではないけれど、そこに滝があればぜひ見てみたい!
くらいの滝に対する気持ちは多少持ち合わせているワタクシ。

今回は移動途中にあるマテリアの滝に寄らせていただきましたが、ガイドブックや
インターネットで見るよりぜひ行って見てほしいicon59
そう思える場所の一つでした。

散策コースもあるようなので、トレッキングを兼ねて近くにあるフォレストポレス
キャンプ場に泊まるプランもなかなかよさそうです。
























~マテリヤ周辺の滝~






~湯湾岳展望台~

ここは奄美群島の最高峰・湯湾岳(694.4m)を臨むことができるほか、奄美の森の
深さを実感できる場所でもあります。

ここから湯湾岳へ登るトレッキングコースがありますが、一人では危ないので
慣れている人やガイド付きのコースを頼んだほうがよさそう。










森の中に入るとくねくねとした道が続くので、車酔いしそうな場合は事前に
酔い止めの薬を飲んでいたほうがよいかもしれませんicon10

やっぱり奄美大島はデカかった。


続く・・・・



  


Posted by トミヤムクン at 13:36Comments(0)徳之島(観光地)

2012年07月13日

奄美大島・移住体験ツアー視察(その一)

今年11月に向けて行われる奄美群島の移住体験ツアーの下見で、今度は
ワタクシが奄美大島へ視察&勉強に行ってまいりました。


ツアーに関係ない場所がちょくちょく登場するかもしれませんが、せっかく行った
ついでということでicon10観光気分でどうぞご覧くださいicon100


奄美パーク

空港から車ですぐのところ。
ここでは奄美の自然や文化、歴史を学ぶことができ、田中一村の作品もここで見ることが
できます(入場料別途)













移住体験ツアーのオリエンテーションを行う会議場所(予定)


ネイティブシー奄美

ホテル・レストラン・ダイビングショップを兼ねたリゾート施設です。
奄美大島には11時20分の到着だったので、ここでランチを取りました。







入り口からは白浜とエメラルドグリーンの海の色が美しい倉崎海岸を望むことができます。


~移住者・手作りの家~

移住者が約5年以上かけて作ったという手作りの家。
場所はもちろん明かせませんが、入口からとても素敵な雰囲気を醸し出してました。




~龍郷町~

途中立ち寄った赤徳小中学校で、ウフタ遺跡と呼ばれる竪穴住居の復刻版を
見ることができました。








~大和村~

奄美大島のほぼ中央、東シナ海側に面した大和村には定住促進住宅も完備されており、
今現在そこで暮らしている移住者宅へもぷらっと立ち寄らせてもらいました。


大和村役場

大和村にある奄美野生動物保護センターでは奄美に生息する固有種や
奄美群島の歴史などについて学ぶことができます。





奄美大島と徳之島だけに生息している天然記念物の“黒ウサギ”のはく製をみることが
できました。



徳之島コーナー


館内を取り巻く公園に咲いていたアメリカデイゴ。
とてもきれいな花ですが、メキシコあたりだとサラダなどにして料理にも
使われているらしいです。
おしゃれな一品になりそうですねicon97



・・・次回に続く

  


Posted by トミヤムクン at 12:56Comments(0)徳之島(観光地)

2012年07月08日

徳之島移住体験・下見ツアー

7/4~6の3日間にかけ、今年11月に行われる徳之島移住体験ツアーの下見で
奄美大島から関係者が3名来島しました。

奄美大島ではすでに3回移住体験ツアーを実施しており、実際に一緒にツアーの
下見をしてもらうことで、不足している点や修正したほうがいい点をご指摘いた
だきました。


で・・・・・


内容を一部変更します。



現在公開しているコースはこちらですが、内容が大幅に変わることはないものの、
一部自由参加になったり、場所が若干変わります。

今関係各所に確認を取っていますので、また確定次第改めてこのブログで
紹介させていただきます。







途中立ち寄った喜念浜ビーチで偶然見かけたオブジェ。

流木やビーチに転がっているサンゴでこんな創作ができるのも、海ならではの
楽しみですねicon125


自然に感謝face06  


Posted by トミヤムクン at 14:13Comments(2)徳之島(観光地)

2012年07月03日

モンパチが・・・

徳之島にやってくるーーーーーーicon59icon59icon59

何年か前にも、離島を中心に行ったツアー行脚で徳之島に訪れたこともあった
ようですが、今回はその第二弾のようですicon67




日時:8月14日(火)OPEN18:00 START19:00 
場所:徳之島文化会館
前売り券:3,000円


モンパチといえば、“あなたに”や “小さな恋の歌”をよくカラオケで熱唱した
もんですicon26
懐かしいな~icon97

今すぐカラオケにいきたいicon59
思いっきし声をはりあげて小さな恋の歌を歌いたいicon59  <--高音のところをみんな限界
ギリギリまで歌ってましたねface15

今むちゃくちゃ喉がうずうずしとります (T^T) うぅぅぅぅ・・・・


夏は徳之島もイベント毎がいっぱいです。
帰省される島んちゅ~や観光客の方、ぜひ島の“夏”を楽しんでくださいねicon01


日本ノ夏・徳之島ノ夏  


Posted by トミヤムクン at 15:45Comments(6)徳之島(行事)

2012年07月01日

梅雨が明け・・・

全ての色が鮮やかになったような気がする、ここ徳之島icon97

緑がまぶしいicon59 海の色が深いicon59 紫外線が目にくるぅ~icon59

そんな季節になりましたface16




ワタシが間借りしているきむきゅらの庭から見た海の向こうには、写真ではちょっと
見えづらいですが奄美大島を臨むことができます。


ここはとにかく眺めがよいので、晴れた日には海を見ながらランチなんてのも
おススメですよicon28(あ、もちろん宿泊もicon10


今年は梅雨時以外にも雨の日が多い年だったので、しばし夏日を楽しみたいと
思いますicon09

あ、でも紫外線には気をつけなきゃな~icon10
すでにワイルドに日焼けできる年じゃなくなったゼface07


  


Posted by トミヤムクン at 15:43Comments(6)徳之島(風景)