2010年05月27日

口蹄疫問題

徳之島で育つ子牛の多くが鹿児島や宮崎に出荷されます。

前回のブログで紹介した牛小屋の中にも、本当は今月
出荷される予定の子牛がいましたが、口蹄疫問題で
競が中止になってしまいました。

そんな中、よかよかブロガーさんのこのような記事が
ありました。


==内容はここから==

普段は…ニュース系をブログで取り扱うつもりはないのですが…今回は別
一応…農家の端っこの方にいる一人として…RTしておきます

誰が悪い?の犯人探しには興味ないんで…少しでも多くの人に知ってもらって
想いが広がることを勝手に期待してます

※ 少し前のブログだと思いますので…時間・内容のズレはご了承を
--------------------------------------

今、宮崎県内では口蹄疫の問題で衝撃が走っています。
宮崎県内にいても詳しく知らない、わからない口蹄疫の現状。

普天間問題やギリシャの問題、殺人事件等々、ニュースがあふれている中
宮崎県内のニュースでもあまり長い時間を割かれないのはなぜなのでしょうか?
なぜ全国ニュースでは報道されないのでしょう?
県内外の方々に伝えて口蹄疫問題を理解していただけたら・・・心から 思います。

この 現状を知ってもらうこと世論で政府を動かすしかもう手が無いんです
昨日日記に書いた仲間の輪による消毒剤の話も、政府の圧力がかかり、
“各県まず自分所の防疫の徹底をせよ。宮崎は農相みずから出向き全力で
対応している” との電話があったみたいです。

消毒剤が圧倒的に足りません。 消毒剤の事は昨日書きましたが、 人手も
圧倒的に足りません。 政府は“現場スタッフを国としても確保している”と発表してますが、
一昨日までの現場スタッフ350人のほとんどは県のスタッフ。

九州農政局から3人の獣医師と20人のスタッフ、追加で30人の自衛隊。
追加で来た自衛隊は4日出たら2日休み実質2/3の労力。

昨日から宮崎による確保と九州各県の応援により倍の700人体勢に。
それでも殺処分対称の1割しか処分出来てません。

県も、保健所も、獣医師も、JAも、市町村も、休みなしで必死になって頑張ってます。
保健所の友人はGWどころか、発生からずっと休み無し、6~21時の重労働。
爪は割れ、消毒剤で手の皮膚が爛れ…、 それでも必死になって戦ってます。

マイミクさんの旦那さんも新婚、子供が産まれて初めてのGWも休み無しで
頑張ってくれてます。 ホントに感謝しています。

それでも全然処分が追い付かないんです。
今、処分対称の10万頭のうち、20日間で処分が終わったのは1万頭にも届きません。
今1日の処分頭数が千頭。毎日発症する頭数の方が圧倒的に多いんです。

感染した牛は毎日10億個、豚は5兆個のウイルスを撒き散らします。
感染拡大が止まりません。 4月末に発症した友人の農場では、今のペースでは
5月内に処分出来るかどうかと言った所です。 全て殺されてしまう。

それでも弱れば排出するウイルスが増える。だから、殺されるのがわかってても、
毎日餌をやり、ビタミンをやり、あらゆる手を尽くして少しでも牛を健康に保とうと
してます。 でも、農場全ての牛に広がり、弱い子牛から次々に弱り、死んでいきます。
死んでも処理業者も出入りできないため、死体の上に大量の石灰を
乗せても、腐敗し異臭を放ち始め、 それでも親牛は自分の子を一生懸命舐め、
石灰を落とそうとします。 消毒剤の不足から、本来は牛に使わないような強い薬を
大量に毎日浴びせられ、牛は毛が抜けぼろぼろになっていきます。

そんな中で、自分の家族同然の牛を殺す事も出来ず、飼い続けなければならないんです。
また、保健所や獣医師が殺処分現場に集中せざるを得ず、発症が疑われる農場の
検査も出来ず、 テレビや報道では50件80000頭となっていますが、
把握してるだけで発症の疑いがあり検査待ちの所があと40農場あります。

とにかく人手が足りないんです。 もう殺処分が追い付かないんです。
首相が激甚災害に認定し、自衛隊を出さない限り、拡大は収まりません。
「その必要があるかどうかを関係閣僚と話し合い、必要とあれば検討する」とか
言ってる場合じゃないんです!! ワクチンと言う手も有りますが、現行の法律では使えず、
しかも大臣は「参院選後の国会で立案立法を…」 とか言ってますが、 その頃に
は国内の牛・豚・山羊・羊・鹿・猪…等の偶蹄類はいなくなってるでしょう。

皆さんにお願いです。

とにかく、今、宮崎で大変な事が起こってると言うことを、多くの人に伝えて下さい。
もう世論で政府を動かすしか方法がないんです。 資材機材も、人手も、予算も…
もう国に頼るしかないんです。 よろしくお願いします。

おおきなうねりとなって国会の場に届くことをねがっています どうか宮崎の酪農を
助けて下さい。心の底からお願いします。

もしも宮崎だけではなく、自分の住む街に口蹄疫の病気が広がったらどうしますか?
人事では済まされない、今必死に食い止めようとしている宮崎の農場の方達の
努力を是非に政府に働きかけるのを手伝って頂きたい。

ブログの力は弱いかも知れないが何もしないよりマシ
何卒宜しくお願い致します。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

こちらもコメント不要です。
宮崎の畜産業の方達の現状を、少しでも知っていただけたらと
思います。

この記事を読んで、私も何も言葉に出来ませんでした。。。

  


Posted by トミヤムクン at 09:41Comments(4)徳之島(雑感)

2010年05月26日

可愛い訪問者

家の近くの小学校から、
「1年生に牛とヤギを見せてやってもらえませんか?」
と依頼があり、早速可愛い訪問者達がやってきましたicon67




まずは牛小屋へicon206



草を食べさせてもいいですか~icon60と。

こんな可愛い子供達にもちろん“ダメicon59”とはいえませんとも~icon06



「はい!次行きますよー!」
先生の集合の合図に一目散に牛小屋を飛び出しますicon108



そしてお次は、家の庭の前につながれているヤギ観賞(?)へ
最近凶暴化しているので、子供達が近づくのをヒヤヒヤしな
がら見ておりましたicon10



そして最後は主である母へみんなが挨拶。
「ありがとうございましたーicon67

さらに、
「握手してくださーいicon67
と、子供達に可愛いお願いをされて、母も大喜びface02



こういう野外学習ってのはいいですねー!
島に住みながら、島の事を知らないことって案外たくさん
あるので、地域を巻き込んでどんどんこんな授業をやって
欲しいもんです。

こんな可愛い訪問者達がきてくれたら、年配の方達も
きっと嬉しいハズ。

子供というより、孫が欲しくなりましたface16

  


Posted by トミヤムクン at 13:57Comments(12)徳之島(動物)

2010年05月24日

中華居酒屋さんでお手伝い

1ヶ月に1~2回ほど、知り合いの中華居酒屋さんへお手伝いに
行くことがあります。

先週の金曜日も団体のお客様が2回入るので、
“手伝いにきてくれん~?”
ということで、行ってきましたicon16



店内の一角。



メニュー。
団体のお客様にはこれ以外のお料理も出されます。



オーナーでシェフのTさんは、なんと神奈川県出身icon67face08
初めて見たときから、何か島の人とは雰囲気が違うなぁ~と
思っていたけど、納得face16

今は徳之島で結婚されて一児の子持ちです。
なんとなく韓国の俳優さんクォン・サンウに似ているような
気がします(あくまでも私見ですがicon10



ちなみに場所は天城町平土野(アマギチョウヘトノ)という
ところにある“ゆんたく”という中華居酒屋さんです。


ここのお料理は本当に美味しいので、徳之島に帰省される方や
観光にこられる方にもオススメですよーicon67
団体だと一人3,000円位でお任せ料理+飲み放題をやって
くれますicon142icon179


しかしこの日はかな~り忙しく、ワタクシも途中icon151を飲んで
乾いたのどを潤しておりました。

ぷわー!icon108

  


Posted by トミヤムクン at 14:26Comments(4)徳之島(グルメ)

2010年05月18日

久々に・・・

でたーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!


あ、爬虫類系が嫌いな方は、見ないでくださいね(^^;A)



 ↓




 ↓




 ↓




 ↓




 ↓




 ↓



車を運転していると、知り合いのおじさんが瀕死のハブを
つるしているところに遭遇icon67face08





デ・・・デカっ!!!icon10icon10


草刈機で草を刈っているところ、草と一緒に刈ってしまった(?)
そうです(^^;A)

無傷の状態で町役場にもっていくと3,500円で買い取って
もらえますが、今回はかなり状態が悪いので「どうするの?」
と聞くと、油を抽出して傷薬にするんだそうなicon59
またまたビックリicon59face08


あ!ちなみにフツ~に生活する分にはハブと遭遇するなんて
ことは滅多にありませんので~!
ハブは基本的に臆病なので、人を見ると逃げてしまうんですよicon108



どちらかというと島の昔からの知恵を知っているほうだと
思っていたけれど、いやいや、まだまだ知らないことが
多いわ~icon10icon10
  


Posted by トミヤムクン at 20:38Comments(6)徳之島(動物)

2010年05月15日

今年初の・・・


パッションフルーツ



姉夫婦が育てたパッションを一つもらってきました。


たまたまもらったのが夜だったので、こんなんで食して(?)
みました^^




パッションフルーツの頭の方をカットして、黒糖焼酎を
流し込んだ命名“徳之島の熱い夜”カクテルですicon152


う~ん。。。やっぱおいすぃ~!!!!!icon06


パッションフルーツの魅力はなんといっても濃厚な甘酸っぱさと
その香り。

パッションフルーツのジュースやカクテル、酎ハイなども最近は
ちょこちょこ出回っているようですが、この香りは皮からでている
ものなので、本物のパッションフルーツでないとこの美味しさは
なかなか出せないんですよ。

ちなみに果肉が下にたまるので、2度目も美味しくいただけます
(^^)y




パッションフルーツはこんな蔓状の茎から7~8個実をつけます。

これはかなり手入れされている状態ですが、私は今年、植え替
替えをせずに放置してしまったので、殆どを伐採してしまい
残り何本かは見る影もない状態になってしまいました。
はぁ~・・・今年は出荷はムリだわ~・・・(T-T)


ほったからかし農法をやってしまった自分に反省icon10

今年こそはちゃんと植え替えしなきゃー!

  


Posted by トミヤムクン at 17:35Comments(6)徳之島(フルーツ&お野菜)

2010年05月10日

徳之島ソング

今回はトミヤムブログ初!you tubeにて歌と映像のご紹介です!

その歌は徳之島出身のシンガー・禎一馬君が歌う
“ユイの島~徳之島~”
です!

you tubeの画像はトミヤム親戚・島んちゅさんのお友達作なのですが、
徳之島の自然と人の笑顔が歌の歌詞とマッチして、むちゃくちゃいい
感じに仕上がっておりますicon67


島んちゅさんのブログで紹介されたその画像をみて、図々しくも
“私のブログにも貼り付けさせて~icon67
とお願いしたら、そのお友達に快く了承していただけたようです。
ありがとうございますicon67 m(_ _)m


よろしければ、ぜひ聴いてみて、観てみてください~\(^0^)/






徳之島人の間ではかなりメジャーな歌で、島人が集まるところでは
よく聴かれるようになりました。
実は私もCDを持っていて、仕事の合間に気分転換に聴いていたり
しますicon58

自然あ~ふれる徳之島~♪ 人情~の島ユイの島~♪


島にいながら、島気分を味わっていますicon125 face02  


Posted by トミヤムクン at 21:39Comments(14)徳之島(人)

2010年05月07日

昨日は梅雨入り

これから約1ヶ月~1ヵ月半の間、雨とのお付き合いが始まり
ますicon03

そんな中、昨日は徳之島の3町長が首相官邸へ向かうため東京
へ出発しました。


3町長を激励するために集まった住民たち。








GW明けで平日ということもあり、集まったのは年配の方達が
殆どでした。
戦争体験者の方も多く、中には泣きながらシュプレヒコールを
あげるおばあさんの姿も見られました。

会談は今日の午後から始まるそうです。




**犬の門蓋(いんのじょうふた)からの眺め**


豊かな海が、島を育んでいます。  


Posted by トミヤムクン at 10:05Comments(8)

2010年05月05日

闘牛はワイド節にのって

ワイドー!ワイドー!ワイドー!

家でゴロゴロしていると、庭先から太鼓の音とともに
ワイド節の掛け声が聞こえてきました。

そういえば!!!

とあわてて庭へ飛び出すと、大きな牛が少年達に囲まれて
のっしのっしと歩いてきました。

「勝ったの!?」

「うん、勝ったよ」


徳之島はGW中に闘牛大会が行われるのですが、お隣の
闘牛・蹴球(サッカー)小僧が5月2日(日)の中量級大会で
見事1勝を飾って帰ってきましたicon67



あ、ちなみに優勝戦ではありません。^^;
ご興味のある方は徳之島メビウスクラブさんのHPを
ぜひご覧ください~


ちなみに漫画“も~れつバンビ”の作者・柏木ハルコ先生も
今回の闘牛大会の観戦の為に来島されたようですヨ^^






お疲れ様~icon97

  


Posted by トミヤムクン at 12:23Comments(4)徳之島(行事)

2010年05月04日

第二回・福岡徳之島会

先日、福岡に住む島んちゅーの集まり(徳之島会)があったと
いうことで、福岡に住む同級生から写真を送ってもらいましたicon207


今年が第二回目icon67



真ん中が徳之島会の発起人である“和牛の里 よし久”のオーナー・里さんです。

博多駅・筑紫口にあるこのお店で徳之島会が行われました。
たくさんの島人が集まり、大変盛り上がったようですicon14


ここは私が福岡を離れる際、同級生のM君が送別会を開いてくれた
ところで、徳之島出身である里さんには、その節は色々とお世話に
なりましたicon67

ここでは厳選された素材の焼肉を味わうことができますが、
なかでも黒毛和牛の肉ともつを使った“にくもつ鍋”は特に
オススメですicon67

見た目のインパクトもすごいですが、もつ独特の臭みを全く
感じさせないので、モツが苦手な人もここのにくもつ鍋は
イケると思います。
特にスープがうまっ!icon06

食べた時の感想をつらつらと書き綴ったブログがありますので、
よろしければぜひ~
http://tomiyamkum.yoka-yoka.jp/d2009-02-02.html



この徳之島会は私が福岡を離れた年に発足したようで、福岡にも
こんなにたくさんの島人がいたとはオドロキでしたface08

次回の徳之島会は来年の4月だそうですが、参加できるように
頑張りまっすicon22

関東や関西、鹿児島、沖縄に続く徳之島会のご活躍をお祈りして
おりますicon67

  


Posted by トミヤムクン at 09:34Comments(8)徳之島(行事)