2007年10月03日

女だけのバンコク(9/30のレポート)

『女だけのバンコク』レポート第二弾です!

~登場人物~

MS K上さま・・・好奇心いっぱいの少女のようなマダム。初の海外旅行!
MS Y本さま・・・今回2度目の海外旅行。魅惑のマダム!
MS T中さま・・・キュートな大学院生!酒が入るとちょっとオヤジ入ります!
MS N松さま・・・来年度のサミットの新入社員!花の女子大生(但し年齢詐称の疑惑有り!?)
MS R香さま・・・ワタクシの友人。徳之島の宝塚歌劇団!
ワタクシ・・・サミットの中堅社員。地図が苦手。そそっかしい。でも頑張ります!


9月30日(日)

6:30-モーニングコール

・・・・のはずが、なんと6:00のモーニングコールでした。
ね、、、眠いっ~!!!
眠い目をこすりながら、朝食場所のレストランへ向かうと、
なんともいい匂いがしてきました。

レストランの朝食はバイキング形式となっており、数々のタイ料理・
洋食・フルーツ・野菜・スープが用意されています。
うれしいのはオムレツの具をチョイスして、その場で焼いてくれること。

ガイドのウィーちゃんも、このホテルの朝食はおいしいと言ってましたが
確かに何を食べてもおいしくて、みんなも満足していたようです。

K上さんとY本さんは早めにきて朝食をとっていたようですが、
正解でした。
もっとじっくりと色んな料理を食べてみたかった~!(T0T)
ということで、明日は1時間かけて朝食をいただこうと思います!

T中さんは遅れてやってきたのですが、実はすでに10分前には
入り口で待っており、時間が過ぎても誰もこなかったので、一旦
お部屋に戻ったそうです。
レストランの中で待ち合わせのつもりでしたが、インフォメーション
不足で反省!
T中さん、ゆっくり食べさせてあげられなくてごめんね~!

さて、この日の午前中の観光はこちら!

~暁の寺院・王宮とエメラルド寺院~

暁の寺院へはチャオプラヤー川の対岸をボートで渡り、すぐ
そこが入り口となっています。
ほんの5分もかかりませんが、初めての体験でみんなも
エキサイティングしていました。
水の色はにごっていますが、それはそれでアジアらしさが
でているような気がします。

暁の寺院では、寺院の上まで上るところができるのですが、
いきなり急斜面の階段が目の前にそびえ立ち、K上さんは
そこでギブアップ、Y本さんはひょうひょうと登っていき、
T中さんとR香は颯爽とはいかないながらも、適度な
スピードで、N松ちゃんと私はかなりなへっぴり腰で
その階段に挑むことになりました。

下を見ないよう、ひたすら上を見ながら登っていきましたが、
登り終えて達成感を感じつつ下をみると、余りの急斜面に
Y本さんを除く全員の顔が引きつってしまいました。

まさに『どんだけぇぇぇ~!!!icon196』と叫びたくなるような
光景です。

帰りはこれを下らなければならないと思うと、ブルーな
気持ちになりましたが、上からみる街や川の景色に
感動し、ほんの一時はこれからの恐怖を忘れることが
できました。

が、やはり帰るにはあの階段を下っていくしかないのです。。。

Y本さんがどこにつかまるともなく、階段のすぐ目の前で
下を眺める姿には、腰が引けてしまいました。
高所恐怖症の人間にとっては、目を覆いたくなるような光景ですface07

私以上に恐れをなしていたのが、N松ちゃんでした。
『コレを下らないと、私日本に帰れないんですよね~、、、』と
涙声になってました。icon41
片足を踏み出すのに、かなり時間がかかってしまいましたが、
なんとか無事に生還(?)することができ、お互いホッと
一安心でしたが、その後遺症からかしばらく階段をみるのが
怖くなったくらいです(--;)

しばらく時間もあったので、次はおみやげ物やさんで
ショッピング!
皆さんバンコクは初めてなので、まずは値切りの交渉術から。
まずは私から皆さんにお手本を披露!
(そんなエラそうなものでもないっか(^^;)

まずは大阪に行くので姪っ子の服を購入することにしました。
象の刺繍が施してある、100%麻の素材でできている
上下セット。提示された料金は300バーツ(約1,200円弱)
でしたが、200バーツで交渉すると、最終的に中間の250
バーツで成立しました。

本当はもっと値切ることができるかもしれないけど、
本来気の弱いワタクシ、すぐに言われた金額でギブしました。

そこで思い思いのショッピングを楽しんだ後は、かの有名な
エメラルド寺院へ。
そこはかつての王宮に隣接しており、世界各国から毎日たくさんの
観光客が押し寄せてきます。

エメラルド寺院といわれるだけあって、金をメインにさまざまな
カラフルな色の装飾が施されており、この派手さにみんなも
度肝を抜いていました。
やっぱいつきても、ここはスゴイ・・・。

日本の落ち着いた寺院とは全く対照的で、タイの方々が日本に
こられたら、日本のお寺は『地味~、、、』とか思われるんだろうなぁ。。。

そしてここで問題が!
まぁ一度くらいはあるだろうなぁとは覚悟しておりましたが、
女子大生N松嬢が、お腹を下してしまったのです。face14

日本から持参してきた『強力わかもと』を飲ませて、しばらく
様子をみていたのですが、やはりN松ちゃん、脅威の回復力で、
ビュッフェランチでは恐るべし食欲をみせておりました。
なんてったって、前菜がサーモンの刺身!
1時間ちょっと前までの顔面蒼白な表情が信じられません(--;)
K上さんからも、『本当に大丈夫ぅ~!?』と突っ込まれてました(笑)

その後はショッピングです!

宝石店・シルク店・免税店へ向かったのですが、宝石店では
お客様が少なかったせいか、一人に一人のスタッフがついてくるので
落ち着いて見ることができなかったのが残念。
とはいいつつ、購入する資金もなかったので、どうせ見るだけ
だったけど、、、。

観光&ショッピングが終わり、自由行動はショッピングの街、
サイアムへ繰り出すことに!
ホテル近くの『PHAYA THAY駅』から電車でたったの2本目、
料金は20バーツ(約80円弱)です。

まずは先にタイマッサージを受けようということになり、
去年私が行ったマッサージ屋さんが並ぶ通りを目指していくと
行けども行けどもその通りが見当たりません。
さすがに頭が真っ白になってしまいました。(マズイ~!!!)

みんなの視線を背中で感じつつ、途中、いろんな人に尋ねて
辿り着いたところが『SIAM SOI 6』という通りで、いくつかの
マッサージ屋さんが、軒を連ねていました。

よくよく地図をみると、駅の裏側を一周していたようです。
ごめんなさい~・・・(T0T)

おまけにバンコクの道は、陥没している箇所がいくつもあり、
その途中でY本さんが足をくじいてしまい、益々反省。
せめて前回行ったとこくらい、覚えておかなきゃいかん
ですな~。
結局、前回行ったところは思い出せなかったので、
今回の通りはバッチリ地図に記載しときました!

ちなみに今回入ったタイマッサージ店は、まぁ、、、
普通でした、、、(--;)

夜は一旦ホテルに戻り、夕食は大勢の地元人がにぎわう
タイスキ食堂へ!
なんとここ、タイスキの食べ放題がたったの89バーツ
(約360円!)で味わうことが出来るのです!

もちろん味もおいしく、思いっきり地元の雰囲気を味わう
ことができました。

その後は昼間に予約してあったニューハーフショーの
『カリプソー』へ

魅惑的なニューハーフによって、演劇・ダンス・小喜劇・
ショー・コメディー等が次々と繰り出される様は、まさに
夢の世界!
見ごたえたっぷりで、もしこれからバンコクに行かれる
方には、絶対お勧めです!

http://www.calypsocabaret.com/main.html

ショーも終わり、なんだかこのまま帰るのも名残惜しくなり
タイの名物、トゥクトゥクで日本の男性の実態を知るツアーと
称して『タニヤ通り』に行ってまいりました!

行先をトゥクトゥクのドライバーに伝えると、
『バ○ナショー?ピ○ポンショー?私ヤスイとこ知ってるよ~!』
てな事を言われました。
ピ○ポンショーはバンコクの本を読んだときに何となく
知っていましたが、バ○ナショーって???

なんとなく想像はつくので、お断りして目的地のタニヤ通りで
おろしてもらいました。
怖いものみたさという意味では、興味がない訳ではなかったけど
衝撃が強すぎると、ツライもんね。

怪しげな日本語の看板名が立ち並ぶタニヤ通りでは、色んな看板を
みて盛り上がった後、一杯だけ飲んで帰りはタクシーでホテルへと
向かい、この日は2時頃に就寝。

明日の朝は、ゆっくり行動することにしました。
ばっちり朝食も食べなきゃ~・・・zzzzzzzzzzzz


(3日目へと続く)

※写真の掲載はもう少々お待ち下さい。

同じカテゴリー(女だけのバンコク!9/29)の記事画像
女だけのタイ~懇親会のお知らせ~
同じカテゴリー(女だけのバンコク!9/29)の記事
 女だけのバンコク(10/2のレポート) (2007-10-03 22:09)
 女だけのバンコク(10/1のレポート) (2007-10-03 21:09)
 女だけのバンコク!(9/29のレポート) (2007-10-03 12:34)
 女だけのタイ~懇親会のお知らせ~ (2007-09-05 19:45)
 女だけのタイ3! (2007-08-29 20:11)
 女だけのタイ2! (2007-08-25 16:44)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。