2014年01月21日

セコメンは情熱のイタリア人(!?)

まずはセコメンとはなんぞや???

徳之島で約400年前から行われているという闘牛は、徳之島を代表する
娯楽文化の一つ。

ですが・・・・・

ひと口に娯楽とはいっても、闘牛主やまたその闘牛を取り巻く人々は
まさに徳之島のシンボルカラーである“情熱の赤icon57”そのもの

牛VS牛”の戦いにおいて、お互いの牛には牛を奮起させる役目の
勢子(せこ)が何人かつき、その勢子の掛け合いもまた闘牛の見ど
こ ろの一つとなっています。

そんな彼らをセコメンという名のもと、紹介していきますicon100

==================================


草食男子と呼ばれる人種が世の中に浸透しつつある今日この頃ですが、つい
最近セコメンと結婚して島に嫁いできたという闘牛女子と仲よくなり、彼女が
こんなことを言ってました。

「クールな都会の人慣れしているアタシたちにとって、闘牛やってる人って
 例えるなら情熱的なイタリア人ってカンジで、ついついほだされてしまった
 っちょねー」

と、標準語とシマ言葉が入り混じった言葉で、半ばあきらめ加減でこんな
ことを言ってました。
(闘牛の世界は大変なのだーicon10

ワタシもどちらかというと闘牛に関してはほとんど興味ナシの方の島女
ですが・・・・・


         見よ!


      


      



この人牛一体の攻防戦を見ると、やはり島人の気質が呼び起されるの
でしょーか。シビれるなぁぁぁぁ~


徳之島に来られる方は闘牛はもちろん、このセコメンたちの男臭さを
あわせてご堪能あれ~face02


闘牛試合情報は徳之島メビウスクラブからどうぞicon206



写真提供者:闘牛研究家・遠藤智さん

毎度オボラダレンですface06





同じカテゴリー(セコメン図鑑)の記事画像
未来のセコメン・セコザイル
未来のセコメン・小学校入学編
島のセコメン
闘牛ファミリー
シマのセコメン(入場から手舞いまで編)
シマのセコメン(Iさん編)
同じカテゴリー(セコメン図鑑)の記事
 未来のセコメン・セコザイル (2015-03-08 09:33)
 未来のセコメン・小学校入学編 (2014-04-08 00:18)
 島のセコメン (2014-03-15 12:13)
 闘牛ファミリー (2013-07-28 02:16)
 シマのセコメン(入場から手舞いまで編) (2013-06-09 15:48)
 シマのセコメン(Iさん編) (2013-06-01 16:38)

Posted by トミヤムクン at 22:07│Comments(2)セコメン図鑑
この記事へのコメント
なるほど、勢子メンですね。(笑)
情熱的観点から捉えるとイタリア人と言うより、牛ですのでスペイン人でしょう。f^_^;
Posted by ルイ at 2014年01月23日 01:58
ルイさま

ある理由があってのイタリア人なのです~ ^^;A
Posted by トミヤムクントミヤムクン at 2014年01月23日 11:41
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。